アマゾンでトリチウムが放射性物質なロレックス


2か月くらい寝かせたので、もう書いてもいいですかね?

まさかアマゾンの商品関連で、放射性物質と
出くわすとは思っていませんでした。

放射性物質といえばルパン三世
『ヘミングウェイペーパーの謎』

タトゥーレ鈴木です。


 


2017.9.20 14:39

アマゾンで放射性物質商品 キーホルダーとコンパス、基準超を無届け販売

通販サイト「アマゾン」で、基準を超える放射性物質トリチウムを含む商品を無届けで販売したとして、
原子力規制委員会は20日、放射線障害防止法違反で、インターネット大手通販のアマゾンジャパン(東京)と、
岐阜県養老町とさいたま市浦和区の2業者に、商品の販売停止と回収を指示したと発表した。
健康被害は現時点で確認されていないという。

規制委によると、販売は今年3月ごろ発覚。商品はキーホルダーとコンパスで、
トリチウムが出す放射線が蛍光物質に当たることで文字盤などが光る仕組み。
基準(10億ベクレル)の4~11倍のトリチウムが含まれていた。
2業者はそれぞれ、キーホルダー15個とコンパス1個を販売。回収作業を進めているという。

製造会社はキーホルダーが中国、コンパスが米国に所在している。
< 産経ニュース >



トリチウムというのは三重水素のことだそうで、
水素の放射性同位体です。

 普通の水素(原子核が陽子1つのもの)は軽水素(1)
 質量数が2(原子核が陽子1つと中性子1つ)の水素は重水素(2H)
 質量数が3(原子核が陽子1つと中性子2つ)の水素が三重水素(3H)である。


とウィキペディアには書いてあります。
専門的な話は他の人に任せるとして、このトリチウムは暗闇でも発光する物質。
かつてはあのロレックスにも使われていたとか。
文字盤が暗闇でも光るっていうやつ。

ただ、その前に使用されていたラジウム(これも放射性物質)の半減期が
約1600年、このトリチウムは約12年ってことで、そんなに長くは光らないみたい。

1600年も光るほうがすごいけど。
聖徳太子よりももっと昔、古墳時代のラジウムが、
今頃やっと半分になるっていう時の流れ。


それは置いといて。

うっかり中国輸入とかでこういうの入っちゃったら危ないよね。
軽くて小さいキーホルダーで、よさげだから、
私だって気づかず仕入れちゃう可能性はある。

というか、これをどうやって発見したのか。
やはり通報ですかね。
税関とかでも分からないのではなかろうかと。

いずれにせよ、仕入れる商品については
まだまだ気を付けなければいけないことがありますな。
特に中国系は、使用されている原料などにも
気を配らなければなりませんね。


今回、上記の記事で出ていた両方のショップと
ブランドを特定してますが、現在、片方のショップは
ショップ名を変えたものの、休業状態ですからね・・・。
明日は我が身。

みんなも、気をつけよう!



おまけ

かつて販売されていた奇妙な8つの放射線物質入り商品

ラジウムチョコレートとか、今からしたら信じられないけど、
当時は最先端の物質を使った何か素敵な効果がでそうな
響きだったのでしょうな。
多くの先人に学び、人類は進歩していくのです。


おまけ その2

トリチウムと発光で調べていたら、でてきちゃうロレックス


 

    ROLEX ミルガウス


素敵だわぁ。
これでレビューが5件も入ってるとか、すごいわぁ。
調べたらちゃんとAmazonでも売れてるし。

というか4年前に比べて、価格が30万円近く上がってるなんて・・・。
円高の影響もあったでしょうが、4年間使ってから売っても、
買った時の値段よりも高く売れちゃったりする、まさに資産。
そりゃ、お金持ちは持つよね。


スポンサーサイト

安すぎることで悪い評価を誘発?


昨日触れなかった商品の評価について
今日は少し書いてみようと思います。
タトゥーレ鈴木です。


例の2つの商品。

カスタマーレビューの数が全然違いますが、
割合はだいたい同じようなものというのが
おもしろいところです。

私が原価がほぼ同じぐらいであろうと
判断したのはこのカスタマーレビューに
よるところが大きいです。

悪いレビューが入っていて、
安いほうと同じようなコメントが
書かれているからです。

もしこれが高いほうが☆5の
評価ばかりだったとしたら、
安いほうは高いほうの「劣化コピー」
だと考えたと思います。

高いやつがオリジナルでそれを
真似してつくったのが安いほうなのではないか
と勘違いしたかもしれません。


安いほうには「安かろう悪かろう」みたいな
レビューが目立っていますが、それだけではなく、
最新のレビューからみるとそうでもない
コメントも多く入っています。

「この値段にしては・・・」という
コメントが多いですけどね。

ある方のコメントには「普通に
全部そろえたら5万ぐらいする」と
書いてありまして、本当かどうかは私には
わかりませんが、「まぁ、普通の値段と
比べたらとんでもなく安いんだから、
別にいいんじゃない?」というレビューが
多い印象でした。

☆1については「使えない」などが多く、
価格を考えずにレビューした場合、
☆1になっちゃうという印象でした。


では、高いほうはどうなのかというと、
こちらにも「値段相応」というレビューが
あるのがおもしろいですね。

2500円ぐらい差があるのですが、
価格に対する感覚なんてのは人それぞれ
違うということでしょう。

ただ、こちらにひどいレビューが
増えていかない理由として、
粗製乱造ではなく、ある程度の
品質管理が行なわれている
ということだと思います。

そういった点はセラーの評価をみると、
だいたい分かりますね。


で、2つのレビューを見ていて私が思ったのは、
「そこそこの値段のほうがいいんじゃない?」
ということ。

なんというか、安すぎてるから逆に、
悪い評価が増えてるような気がするんです。


もちろん、高いほうは品質管理も
商品ページ作りもしっかりしてるだろうし、
カスタマーサービスもよいのでしょう。

私は購入してませんし使ってないので、
あくまでレビューからの推測でしかありません。

そんな状況でとやかく言える立場じゃないのは
分かってますし、この売っている方を批判したり、
貶めようとしたりする意図は全然ありません。

これまでを読んでいただければ分かると思いますが、
目標だと思うくらい、むしろ尊敬してるレベルです。

それを踏まえた上で、あえて言いますが、
高いほうって、なんでその値段で売れるの?

そっちのほうが品質と釣り合ってないんじゃない?


と、どうしても思ってしまうわけです。
セラーの方、大変申し訳ない。

そして、そう考えると、逆に、安いほうが
安すぎるから評価がイマイチなんじゃないかと
いうように考えてしまうのです。

なんていうか、実際に手にした商品と
買う前の期待感にズレがあった時って、
誰かに伝えたくなってレビューとか
書いちゃうと思うんです。

がっかりだった時はそのがっかりっぷりを、
想像以上だった時はその素晴らしさを
伝えたくなるのではないでしょうか。

でも、それだけじゃなくて、
「期待感とぴったり一緒だった時」
ってのも誰かに伝えたくなるんじゃないかと。


安かろう悪かろうとか書いてあるけど、
安いからとりあえず買ってみるか。
 
→うわ、やっぱりダメだったよ~ 


みたいなとき。

クソゲーやったらホントにクソゲーだった
とかいう話、誰かに話さないと損というか、
自分ひとりで納得するだけってのが、
なんか悲しい気がしてきちゃうんですよね。


そんなことを考えると、いい具合に
期待感と価格と品質がズレていると
「ま、こんなもんか」で終わって
悪い評価にはつながらないんじゃないかと思いました。

まぁ、良い評価にもつながらないかもしれませんが。



すみません。ここまで書いてアレですけど、
今日の話、全然間違ってるかもしれません。

とりあえず、ただ安くするだけってのは、
あまりいいことないんじゃないの?
ってことで、今日は勘弁してください。



ほかの話もほとんど間違ってるかもしれません。
自信がないよ「あまゆにもんこま」⇒人気ブログランキングへ

中国輸入で目指すところ その3


具体的な商品はあまりだしたく
なかったんですけどね。

OEMがどうこういうようりも、
あの商品からどこまでもリサーチを
広げていけますからね。

以前の悩んでいた私だったら
大きなヒントになっていたでしょう。
タトゥーレ鈴木です。


実際のところOEMを実行に移すのは
なかなか難しいですし、私にとっても
まだまだ先の話になると思ったので、
とりあえず書いちゃいました。

もし私がやっていたらきっと
書かなかったでしょう。

バラすなよ・・・って思った人、すみません。


さて昨日の具体例から学べる部分は
たくさんあったかと思います。

ないって人はよく2つを見比べてください。

前にも書きましたが、思考力を鍛えるには
「類比」「対比」「因果」だと「今でしょ」の
人が言っていましたね。

思考力ついたライバルが増えると困るから、
2つの例を挙げるのホントは嫌だったんだからねっ☆



・・・え~、まず画像を見る限り
商品自体はそれほど変わりませんね。

ハンマーがあるかないかぐらいでしょうか。

私は腕時計があまり好きではなく、
修理をしたことないのでよくわかりません。

でも、よくみると画像のキレイさというか、
中身の整い方みたいなのが違いますね。


調べると、この2点のほかにも
似たような商品ページがアマゾン上に
いくつかありました。

中国輸入ではメジャーな商品かと思います。



売値は片方が1350円。
もう一方は4080円。
その差、2730円。

売れ行きは安いほうはかなりよい。
高いほうはそこそこ。

ライバルは安いほうは現在8名。
高いほうは独占。

原価がほぼ同じぐらいだと考えると、
売値にここまで差があった場合、
高いほうがよいかと思います。

細かい計算が得意な方は、
試算してみてください。

私の試算では安いほうの原価を500円、
高いほうを600円としても利益額に
約5倍の差が出ました。

つまり安いほうが5個売れて
やっと高いほう1個分の利益です。

さらにライバルが8人います。
順番に売れるとすると自分の商品が
売れるのは8回に1個。

1セラー同士の利益で考えると、
高いほうが1個売るのに対し、
安いほうは40個売れて、
やっとイーブンです。
(40個分の利益を8人で割るので)


ちょっと上手く表現できてなくて
すみません。
効率が40倍かな?ってことです。

しかも高いほうはFBA利用してます。
売るにしても発送の手間にしても
これは有利だと思います。



では、なぜ違いが生まれるのか。


商品ページの作りこみ具合。
画像の多さ、キレイさ。
商品に独自のロゴを印刷。
販売者の専門店っぽさ。
商品に関する知識の豊富そうな点。


考えれば考えるほどでてきそうですね。


どうですか?
「類比」「対比」「因果」と
順番に書きましたが、あなたは
考えてみました?

そしてさらに、そのあなたの考えと
私が書いたことついて、同じとこ違うとこ、
なぜそうなったのかを考えると、
もっと鍛えられちゃいますね。



というわけで、人によって考え方は
違うかと思いますが、私は高いほうの商品、
つまり多分OEM製品って
かなりオイシイんじゃないか
とにらんでます。

中国輸入でとりあえず目指すところは
そこなんじゃないかな、と。

まぁ、以前ちょっと関わっていたので、
実際にやるのは大変ということも知っております。

なのでちょうどよいぐらいの距離に
ゴールが見えてきたなってことで
がんばってみようかと思います。



アナタの考えもぶつけてみよう。コメント受付中
「あまゆにもんこま」⇒人気ブログランキングへ



中国輸入で目指すところ その2


昨日はまぁダラダラ長く書きましたけど、
なんというか具体的に書くかどうしようか
迷っていたんです。

正直、あんまり紹介したくないんです。
タトゥーレ鈴木です。


なんか儲かりそうな情報だし、
自分だけのものにしておきたいじゃん?

でも実行するのは結構大変なのかも
しれないので書いちゃいます。


あ、答え自体は簡単ですよ。
「OEM」ですから。


そんなの知ってるよ。
分かってるよって思うでしょ

私だっって知ってますよ。

そこらでよく言われてるし。

言われてるどころか
私は以前、製作現場を見に
中国まで行ってますからね。

初の海外旅行がそれですからね。

広州から数時間車を走らせていった
ジャッキーの映画で出てくるような町の
はずれにある建物で・・・
とにかく全てが衝撃的すぎました。
すごいな、中国。

中国って、高速道路を歩いてもいいんですね。
いや、あれが高速なのかもわからんけど。

他にも中国おもしろ話はたくさんありますが、
キリがないので、今回はやめておきます。


本題に戻りますが、さんざん書きましたけど、
やっぱ頭で分かってるのと実際に
見るのは違うということ。

私はOEMを知っているどころか、
製作現場にチェックに行ったことが
あるのにもかかわらず、
全然ピンときてませんでした。

それがリサーチ中に具体的な商品例を
みつけてしまいまして、一気に理解
することができました。

百聞は一見にしかずってやつですかね。

その商品を出すか出さないかで迷ってます。


価格差商品とか書いている人はいても
これがOEMのオイシイ例みたいなのを
書いている人はあまりいないでしょ?

やっぱりいろいろバレちゃうんですかね。
自社商品バラしたくないですしね。

あとホントはやってなくてただのブローカー
なのがバレても困りますしね。

とりあえずOEMって言っとけば
オッケーっしょみたいな。

受け取る方も「あー、オーイーエム」みたいな。

なんていうか、具体的にイメージできずに終わる。
オリジナルでなんか作ればいいってことでしょ?
そのうちオレ様センスのカッコイイ服でも
作れば大丈夫でしょ的な。

だから具体的な部分をぼかしたまま、
OEMって言っているうちは安全だと。



そんなこんなで心の葛藤のままに、
思いっきり引っ張ってきました。
まだ迷ってるんですけどね。
いいや書いちゃえ。
土曜日だし。


この二つを見比べてください。



腕時計工具13点セット/時計ケース固定器(黒色)プラスチック製青色ピン抜き器き/説明書付属/バンド調整プラスチック製ピン抜き付


(ブルーロータス)BLUE LOTUS ハイグレード 時計工具13点セット 特大型裏蓋オープナー ハンマー付 簡易日本語説明書付 BL-230 (青色回転式バンドピンはずし)




ね?


わかるっしょ?


あ、わかんない?

だいたいの人はビンビコきちゃったでしょうけど、
いちおう明日解説します。



土日はだいぶ気が緩むので記事も緩みます。
年中無休の「あまゆにもんこま」
人気ブログランキングへ


中国輸入で目指すところ


いくつか書いてきましたが、
それでもまだ中国輸入というものに
完全に乗り気ではありませんでした。
タトゥーレ鈴木です。

なんというか目指すところというか、
目標というか、最終形というか、
「先」の部分が見えてこなかったんです。


人によって様々だとは思いますが、
私の場合、例えば欧米輸入なら
「正規代理店になる」とか、
「日本での独占販売権を獲得」とか、
「名もない海外メーカーのよい商品を
みつけてきて日本で爆発的に売る」とか
そういう目指すところがあるわけです。

リスクもリターンも大きくなるでしょうが、
いずれは取引を大きくしていきたい。

いい響きじゃないですか、「独占」。


ところが中国輸入の場合、そういった
「到達点」のようなものが私には
全然見えてこなかったんですね。

ひたすら安く買って高く売るのを
繰り返していくのかぁ、なんかそれも
つまらんなぁと思っていました。

中国輸入でも独占販売だったり、よい商品を
発掘して日本で爆発的に売るということは、
可能でしょう。

でも、これまで書いたように
「中国発」のブランドって
やはりまだまだ少ないと思うんです。

ブランドになりそうな商品も少ない。

今後、どんどんそういった状況は
変わってくるとは思いますが、
まだまだ欧米輸入とは違い、
「ブランド名で売る」みたいなことは
やりにくい状況だと思います。

そうなるとやはり、比較的品質のブレが
気にならない商品で、世界的にみても
驚きの安さで売っているものを輸入して、
それをどんどん売っていくのが、
中国輸入なんじゃないかと考えていました。

でもそれって、いまから思えば大変失礼な
考え方をしてましたが、結局は「安値競争」
みたいになってイマイチ私にはおもしろく
感じられなかったのです。

誰がどこまで売値を下げられるか。

結局それだけになってしまう。

つまり「代理店」になったり、
「独占販売権」をもらったりという
ところまでいかない商品が
ほとんどなんじゃないでしょうか。



あと、欧米輸入のような「プレミア」が、
出てくるような気配が感じられないのです。

これは私の好みの問題でもあるでしょうが、
私は「プレミア」とか好きなんですよ。

8ドルの商品が25000円に
なっちゃうとか面白くありません?

以前、こんな記事も書きました。


 眠ったお宝探し隊 アメリカン・ピッカーズ
 

こういうの憧れるんです。

誰かが集めているガラクタから
お宝を探し出すみたいなやつ。

眠っている商品を買い取って、
それが倍の値段で売れちゃうみたいな。

eBayなんか見ていると、
ただ日米のASIN比べて
価格差だけみているのとは
違った楽しみがあるんです。


でも、そういう気配も中国輸入にはない。

そりゃ「なんとか王朝時代の壷」とか
そういうのもあるとは思いますよ。

でも基本的に焚書・坑儒の国ですからね。

国を取ったら前の国のものは全部無くす
ってのが中国の歴史でしょ?

中国4000年の歴史とか言うけど、
王が変わるたびに毎回上書きされるから
実は全然積み重なってないという・・・

ムズカシイ話はやめましょう。


っていうか、そういう眠ったお宝商品の
オークションみたいなサイト中国にないし。
じゃ、ダメじゃん。


そんなわけで、イマイチ気分が乗らない
感じのままリサーチをしていましたが、
ある商品を見て考えが一転しました。

これ、おもしれぇな。
これかなり儲かりそうじゃん。。。

そうか!
中国輸入はここを目指せばいいのか。


一気にひとつのゴールが見えた気がしました。

飛空挺を手に入れてあちこち飛び回ったあとに
新たな町をみつけた感じ。



そのゴールの詳細は、また明日。




ネットサーフィンしていたらデスゲイズに
出会っちゃった感じ?「あまゆにもんこま」
人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。