経理はじめました


全自動似顔絵
http://crocro.com/auto_nigaoe/index.cgi

いまいち画像が少ないのでここで作ったらこんなプロフィール画像になりました。
タトゥーレ鈴木です。


 先祖の居住地はおそらく関東地方。
 名前のゴージャスさは100点。非常に豪華な名前です。スゴイ!
 名前のシャープさは60点。どちらかというと鋭い名前です。切れ者かも!?
 名前の都会っぽさは73点。どちらかというと都会風の名前です。せかせかしている?


名前にカタカナ入ったらゴージャス判定されるんじゃないかと思いました。
とりあえず全然似てませんが、しばらくはこれが私ということにしておきます。



自分で作ったエクセルの表でしっかり管理はしておりましたが、
青色申告はちゃんとした帳簿をつけなければなりません。

そこで、重い腰をあげてついに帳簿をつけ始めました。

開業前の分も含めてつける必要があるらしく、
3ヶ月分ぐらいを一気に処理し始めたのですが、さっぱり進みません。


まぁ誰にも相談せずに自分で調べながらやってるからなんですけどね。

経理の知識は1ミリもありません。


やよいの青色申告がよいという話が書いてありましたが、私はこれにしました。


全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」





世の中は進歩しておりますね。

勝手に通帳のデータを読みこんで登録してくれるという素晴らしいサービスです。

まぁアカウントのパスワードとかもろもろ登録しちゃって大丈夫なのかという
セキュリティ面の心配はあります。
しかし、そんなことを言っていては進まないぐらい深刻な事態になってきたので、
どんどん登録してとりあえずやってみました。


「経理の時間が大幅に減りました」
「経理作業が10分の1になりました」


たしかにその通りなんだろうなと思います。
素人の私でも調べながらどうにかなってますからね。

個人的な感想としては「10分の1でこれかよ。うへぇ。
いままでみんなどうしてたんだ?てか、PCとかない時代の経理って
どうやってやってたのですか??」という思いでいっぱいです。

例えば海外商品の仕入を100件ぐらい登録します。

その後、調べたら、海外の商品の仕入れは「不課税」で処理するらしいんですね。

いやー、そんなん後から言われても~~~と思いましたが、
なんということでしょう、一括処理ボタンがあるじゃありませんか。

一気にそれで「不課税」にして終わりです。


この修正が容易ってのは大変助かりますね。

素人なんて間違いだらけですし、後から知ったこともたくさんありますし。
これ、昔の手作業で経理やってた人ならどうやって処理してたんすかね。


しかし、私には経理の仕事は向かないというか体が拒絶反応をすでに起こしていて、
全然進まないというか取り掛かれないんです。

それこそリサーチとかは延々やってられるので、
事務作業は苦ではないのですが、やり始めるまでがしんどいです。
始めたらそれこそ5時間ぐらい集中してやってました。

その昔、経理の仕事もできるんじゃないかと思っていた時期もありますが、
「他人の金計算してどこがおもしろいんじゃ」という言葉を聞いて、
まったくその通りだと思い、それ以来見向きもしなくなりました。

今となっては自分のお金ですからしっかりやらないといけないという
思いがあるものの、どうにも体が動きません。


他人に任せるほど資金に余裕はないので、ぼちぼちがんばっていきます。
だいぶ知識は増えましたが、全然まとまっていないので、
少し落ち着いて仕訳ができるようになったら、こうしたらよいみたいなことも
書けるようになると思います。


とりあえず、私の残高がただいまなぜかマイナス80万円になっており、
どこからそんなお金が捻出されたのかという問題が解消するまで、
作業を続けたいと思います。

スポンサーサイト

海外のセラーとか大量出品者が入ってきちゃってる商品を狙う


毎朝「パインぱん」ばっかり食べてます。
タトゥーレ鈴木です。

おいしくないですか?パインぱん。
人気がないのかよく売れ残ってますので手に入りやすいです。
あと、この時期だけなのか、一時期しか食べられません。

パンの中に硬いパインの食感があるのが最高です。

よく考えたらチョコチップメロンパンとかパン・オ・レザンとか
パンの中につぶつぶした食感があるものを好んでおります。

いやパンだけじゃなくて全体的につぶつぶした食感のものは好きですね。

タピオカが入ってる飲み物とか、森永のアロエドリンクなんか
一時期飲みすぎて道端のアロエもアロエドリンクのパッケージにしか
見えなくなるぐらいでした。


aroe



あとは赤飯とかタコ飯とかご飯に混ざっちゃってても最高です。

イクラとか数の子とか魚卵系もつぶつぶ界では最高峰に位置するでしょう。
私は自主規制で魚卵は年に数回しか食べられないのですが、
規制がなかったら食べすぎでもうとっくに死んでると思います。



さて今日は、昨日の「大手セラーが撤退後の商品を細々売ると儲かる話」との
複合技で有効と思われる、海外セラーとか大量出品者の影響で
大きく価格を下げている商品を狙う話をしたいと思います。


 


例えばこのDVDです。
北米版のDVDなのですが、元々日本のアニメなので
日本語と英語で再生可能なんですね。

日本版のDVDだと数倍の値段がするようで、
安く見たい人にはこれで十分だということでアニメのDVDは
総じてよく売れています。

日本のものを持っていってそこに外国人の声優が
英語に吹き替えた声を入れて英語バージョンと元の日本語バージョンが
あるわけですから、中身は日本のものと変わりません。

ひとつ問題があるとすれば、新たに商品ページが作れないことぐらいですかね。
amazon様が商品ページを作ってくれないと出品できないので、米amazonで
先に新作とかみつけても商品ページがなければあきらめるしかありません。

日本のamazonでリサーチしてから米amazonを探すのがよいでしょう。

実はamazonで商品ページができていないものほど、儲かりますけどね。


その話は明日に回すとして、例に挙げた商品だと一番安いセラーが
海外のセラーさんですね。向こうからしたら輸出をやっているセラーです。

続いて僅差でFBAのセラーさんがずらっと並んでおります。

この状態だとまだちょっと参入するのは早いかと思います。



ところで、米amazonだとこの商品、amazonが約30ドルで売っています。

ということは現時点ではあまり価格差がないということになります。

そして米amazonの在庫がなくなると次に安いセラーは42ドルですから、
これだとギリギリか赤字になるかだと思います。

そうなった時、今最安値をつけている海外のセラーは間違いなく撤退するでしょう。
その後は、価格の安い順に売れていくでしょう。

価格改定をせず、安くてもいいから早く売り切りたいセラーから売れていきます。
それ以外のセラーは値上げをするか、高値でじっと待つでしょう。
売り切ったセラーは昨日も書きましたが多分戻ってこないと思います。

そのあたりからじわじわ価格が上がっていくと思いますので、
そこが狙い目です。

この商品に関しては、もし資金に余裕があるのならいまのうちに仕入れておいて、
少し寝かせておくとよいかもしれません。

あとは日本側は値上がっていきますが、米国側は売れないので
値下げをしていく可能性が高まります。
そのタイミングを狙ってもいいでしょう。
一度去ったセラーはまず戻ってきませんから、リサーチもしてないと思うので、
そういう隙を突いて利益を出すとおもしろいと思います。


この商品の場合、もう少し時間が経ったほうがよいでしょうが、
今まさにセラーが去った後の商品もたくさんあります。
しかもまだ米amazonが在庫を持っていたりすると、競合も少なく
利幅も大きくなるのでお得です。

DVDはamazonに払う手数料が15%と高額なのがネックですが、
サイズも小さく軽いので日本への輸送コストがかからないのが長所です。

あとサイズが大体同じなので、1箱に詰め込めやすいというか、
きっちり詰められるので大量に輸送すればするほどコストダウンが見込めます。

資金に余裕があれば一気に仕入れて、そのままFBAに入れておけばいいので、
自動的に楽に利益がでる可能性が高いですね。


というわけで、現在このあたりをリサーチ中です。


大手セラーが撤退後の商品を細々売ると儲かる話


細々売って細々利益を出して食いつないでいます。
タトゥーレ鈴木です。

セミナーで紹介されるのか、ツールで検索すると出てくるのか、
みんなに真似される有力なセラーが売っているのかは分かりませんが、
一気に参入者が増える商品ってありますね。

みんなFBAで出品していて、仕入れてる数も同じくらい。
それだけ売れていけばいいですけど、明らかに供給過多になってしまい、
たいがいどんどん値下げ競争になるでしょう。


例えばこちらの商品。

 


一度在庫切れになった後、一気に約30人もの出品者があらわれました。

当然値下げ競争になり、2800円まで値下がります。
しかし、商品はよいもので値段は下がるわけですからどんどん売れていきます。
そして出品者は3ヵ月後に7人まで減ります。

その後再仕入れを行なったセラーや、新たに参入したセラーにより、
最大20人まで増えます。

この次点で単純に考えると30-20=10人は売らずに撤退したか、
再仕入れを行なわなかったと考えられます。
新規参入も考えるともう少し多いと思いますが。


で、20人になるとまた値下げ競争が起こりまして、
3200円ぐらいが最低価格となります。

そうするとどんどん売れますから、セラーの数は5人まで減りました。

その後17人まで増え、値下がり・・・という波を繰り返して、
いまはセラー10人、価格は4000円前後と安定しております。

ちなみに原価は約$30。
小さくて軽めのものですから、送料入れても10本買えば$35行きません。

それでも手数料引いたらそこまで利益ないかもしれませんね。

安く売ってた時期があったとしても3000円付近だと
利益なかったか赤字のセラーもいたかもしれません。


何が言いたいのかといいますと、こういった商品は狙い目です。
ほそぼそと安定して売れます。

なぜかというと利益が出ないと分かったセラーは戻ってこないからです。
特に大量に仕入れて値下げしてでも一時期に大量に捌こうとするセラーが
戻ってくる可能性が低くなるので、値段が荒れずに済みます。

実際、最低価格も4000円以上で2ヶ月ぐらい安定しています。
FBA納品者も4人ですから、余地はあるでしょう。
その4人のうち3人は早く売りたがっている(最低価格に揃えている)ので
再度仕入れる可能性は5分5分な気がします。

売れる勢いは若干衰えているものの、こういった商品は
よっぽどのことがない限り売れなくなるということはないでしょう。
先人たちの努力により、すでに商品の価値が確立されているのも大きいです。


大量に扱うセラーが入ってきたり、読みを誤って逆に昨日書いたような
在庫切れをおこしてしまうと若干ダメージもありますが、
仕入れ値がそこまで高くないものですので、落ち着いて待っていれば、
やがて売れていくでしょう。



このように、売れ行きは衰えているものの競合が少なくなっていて
価格の安定が見込める商品は狙い目だということになります。
力のない弱小セラーのうちは細々とこういうところに食い込んで、
しっかりと利益を上げていくのがよいかもしれません。


amazonで在庫切れ出すとまた売れるまでに時間かかるよね


郵便局のデメリットは小出しにするとか言いながら、
早くも1記事丸々ぶっこんですみませんでした。
別にデメリットではなく「所感」を述べただけということにしたいです。
タトゥーレ鈴木です。

なんか書き出すと止まらなくなっちゃうんですよね。
書き出すまではめっちゃ時間かかるんですけど。

特に郵便局との関係は長いのでその分いろいろな話が出てしまいます。

一番最初に作った口座はゆうちょでした。
まだ年齢が一桁の時にお年玉を入れる口座を作りました。
もちろん手続きをしたのは親ですが。

昔はとんでもない利息がついてたなぁ。
10万ぐらいしか入ってないのに3000円ぐらい利息がついてた気がする。


さて、またよからぬ思い出話が始まってしまう前に、
amazonの在庫切れのお話です。


とある商品が在庫切れになったんです。

私以外に3人ぐらい出品していて、安い順に1人売り切れいなくなり、
2人目売り切れいなくなり・・・と順番に売り終わっていきました。

そこそこ在庫数はあったのですが、残り数が少なくなってくると
駆け込む人もいるので、これまでとは違うハイペースで売れるんですね。
で、売れるからランキングも上がり、さらに売れるという。

私は最終的に500円ぐらい値上げしましたが、それでも売り切れてしまい、
その私より1000円以上高い金額で出していた人の在庫もなくなりました。

こんなに勢いがつくとは知らなかったので、追加の仕入れ発注はしていませんでした。
あと「まぁ誰かまた出すだろ。被ってもしょうがないし、その人の在庫が少なくなった頃に
出品するように少しタイミングをずらして仕入れるか」という考えもありました。

ところが、1週間経っても誰も出品しません。
商品ページは在庫切れのまま。

え?みんなもう終了?
米amazonにはまだ在庫あるよ?

という華麗な肩透かしをくらってしまった私は、もしかしたらもう仕入れても
売れないとか何か他に仕入れない要因があるのかもしれないと疑心暗鬼になりまして、
されに仕入れるタイミングが遅くなりました。

しかし、どう調べても怪しい要因はなさそうだったので、思い切って再仕入れを敢行。


そして10日ぐらい経って荷物が届き、やっとamazonに出品。
その時も誰も出品していませんでした。
約一ヶ月放置されたわけです。


で、これだけ待たせたのだからすぐに売れるかと思いきや、さっぱりです。

さすがに売り切れ間近の売れ行きほどは期待していませんでしたが、
それにしてもさっぱり売れておりません。
たくさん仕入れてしまったよ・・・。


ランキングが落ちているからなのか、在庫切れで商品ページが検索されず
閲覧数が落ちてしまったからなのかはわかりません。
とにかく、在庫切れってのは怖いです。

再販するつもりがあるなら、とにかく在庫切れは出さないほうがよいでしょう。
特に、自分以外のセラーがいない商品で、商品ページの全在庫が切れてしまう
ような商品には要注意です。

ライバルが多すぎて価格競争になるのも困りますが、
お互い誰か仕入れるだろうと思っていたら誰も仕入れなくて
商品ページが落ちてしまうのも困りものです。

いや~、難しいですね。



ちなみに、この対策として、在庫切れになった商品ページに
商品が届くまでのつなぎとして、無在庫で高めの金額で出品しておくと
どうなるのか、現在調査中です。

普通に無在庫で売れると意味がないので、売れそうにない金額にしています。
商品ページを維持することに意味があるのかないのか、分かり次第またご報告します。


郵便局って名前が印刷された伝票つくってくれるの?


先日、初めてエアメールを出しました。
タトゥーレ鈴木です。


eBayでダラダラ1ヶ月ぐらいやりとりをしていた人から商品が届き、
せっかくなのでお礼の手紙とちょっとしたものを送ってみました。

しかし、その「ちょっとしたもの」がなにやら局員さんに不審がられました。
私は別に問題ないだろうと思っていましたが、
送っていいものなのかどうなのか局員さんが調べ始めました。

なんか分厚い約款が載っている本みたいなのを出してきて探し始めるもわからず、
どこか(たぶんお客様サービスセンター)に電話で連絡して確認してました。

局員さんも自分のとこのサービスセンターに電話するんだなと思いました。

結局、問題はなかったようで内容物の品名と金額を書いて差出ました。
料金はたしか250円ぐらいでした。
国内とそんなに変わらないじゃん。
エアメールってこんなに安くだせるんですね。


届いても届かなくてもいいやという気持ちでいましたが、
eBayのメッセージに「届いたよ。ありがとう」というメールが入り、
無事に届いたみたいでよかったです。



そんな郵便局のゆうパックで荷物を出す機会が増えてきまして、
いちいち伝票を書くのが面倒になってきました。

「そういえば名前が既に入った伝票、見たことあるな」と思い出し、
調べたところ無料で作ってくれると書いてありました。


 ゆうパックの送り状への住所印字サービス
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8028647.html


窓口で言えば無料で作ってくれるみたいなので、
お願いしようと近くの郵便局に行った時に聞いてみたところ、
「本局(集配局)じゃないと作れない」と言われてしまいました。

上のリンク先の質問の回答1(下のほう)にもちょっと書いてありますね。


本局とか集配局という言い方が正しいのかはわかりませんが、
要は「ゆうゆう窓口があるところ」です。
私は集配局と呼んでます。


私がよく行くところは集配局ではなく小さいところなので、
残念ながら作っていただけないようでした。

局員さんが集配局に電話して問い合わせてくれて、
「コピーとか渡してもダメですか?」とか
かなり粘って聞いてくれたのですが、結局はダメでしたね。

さすが、元お役所。相変わらずですな。
問い合わせてくれた局員さんはかなり申し訳なさそうにしていましたが、
力関係的に集配局にそういわれたらダメでしょうから、仕方がありません。

お中元の時期で忙しいからかと一瞬思いましたが、多分違うでしょう。


そんなわけで、私はまだ作っておりません。

どうせ行ったら行ったでクソみたいな対応される
集配局まではバスに20分ほど乗らないといけない上に、
普段立ち寄らない方面なので、なかなか面倒なのです。


まぁ、頼めば作ってはくれるようですので、必要な方はお近くの郵便局で
尋ねてみるとよいでしょう。
できれば、いきなり集配局に行って聞いたほうがよいと思いますけど。


あと、最近では自宅のPCからWEB上でゆうパックの伝票を
作ることも可能ですから、そっちを利用したほうがいいかもしれませんね。

1回私も試しに作ってみましたが、たいそう面倒でした。
カラー印刷しなきゃいけないし。

それで手書きのほうが早いし楽だということになって、
聞きに行ったけどダメだったという話なんですけどね。



あ、クロネコヤマトはWEBで申し込めば印字された伝票持ってきてくれますよ。

 宅急便 送り状印字サービス
 http://www.kuronekoyamato.co.jp/okurijyo/okurijyo.html


ヤマト、さすがです。
出向くどころかWEBで申し込めばOKという、
客を集配局まで呼びつけるどこぞの会社とはラベルが違いますね。
送り状だけに。


ドンキせどりで売れた商品 その1

「Amazon fba 荷物 持ち込み」の検索でお越しいただいた方、
こんにちは。

タトゥーレ鈴木です。

残念ながらFBAへは「配送業者を使用しない納品形態は受付できません。」

自社便での搬入も禁止のようです。
amazon倉庫の近くに住んでいてご自身で持ち込もうと思われたんですかね。
近くなら自分で車で持っていければ確かに楽ではありますね。
ただ、受け取る側としてはこれほどやっかいなものはないので
禁止にするのが当然ではあります。

しかしフルフィルメントセンターがどういった受付業務をしているのかは
気になるところなので、多分無理でしょうけど、ぜひとも佐川のコスプレをして
伝票を貼った荷物をふらっと持ち込んでみるという、突撃レポートを
いただけますと大変参考になりますので、ご検討いただけますよう
よろしくお願い申し上げます。



冗談はさておき、先日@ドンキせどりにチャレンジ@しましたが、
早くも?売れた商品があるのでご報告です。

売れた商品はこちら。

 

お肌の露出が多くなるこれからの季節には必需品ですね。

推測ですが、今年はマイナーチェンジかフルチェンジかはわかりませんが、
新たな商品が入荷するので、去年の在庫を処理したかったのだと思います。
ドンキ価格1000円でした。

残念ながら1個しか残っていませんでした。
せどりに行った際に必ずチェックしたほうがよいあの場所に置いてありました。
知っててよかったこの情報。


買ったときと最近まではamazonさんが処分価格?で1700円ぐらいで叩き売ってました。
もちろん送料込みです。

この商品はブルー・白・ピンクとカラーが3種類あり、
ブルーは3000円以上で売っているので、かなり安かったと思います。

 


安いのに加えピンクという色も幸いしたのか、とにかく売れているみたいで、
全然ランキングが下がりませんでした。


1700円付近でamazonさんに対抗しても利益がでないことはなかったのですが、
ここはひとつ売れ行きがよいようなので、amazonさんの在庫切れを狙ってみました。

2番手がビックカメラで送料込みだと2500円付近。
なので、ビックカメラよりちょっと安い価格にして2番手に割り込みました。

まさか私がamazonとビックカメラの間に入る日がこようとは夢にも思いませんでしたね。
暴挙としかいいようがないです。
どちらかというと恥ずかしくて早く売れて欲しかったです。
なんかすみませんでした。

で、なかなかamazonの在庫がなくならなかったのですが、
いつかはなくなるわけで、amazon在庫が切れた瞬間に
そのままの勢いで売れてくれました。

その時にはビックカメラの値段が修正されていて私より安かったのと、
もう1人出品者が間に入って4番手ぐらいだったのですが、無事に売れました。

2460円で売れて手数料を引くと800円ぐらいの利益でした。
利益率だと32.5%です。

蛍光灯を買いに行くついでにやったせどりで、特に手間もかかってませんし、
仕入れから約10日で売れたので資金繰りとしてもよかったほうじゃないでしょうか。

惜しむらくは1個しか残っていなかったことですかね。
仕方ないですけど。



しかし、問題も2点ほどあったので挙げておきます。

まず「買うのが恥ずかしかった」ということですね。

手にとって調べて買うまで、結構時間がかかりました。
初めてだったのもありますけど。

やっぱりどうしても店員さんの目が気になってしまうんですね。
明らか女性用だし、ピンクだし。
すでに店内めっちゃうろうろしてるし。

店員さんとしては商品どうのこうのよりも、私の挙動不審ぶりに
「あいつよからぬことしようとしてんじゃねぇの?」っという目で
見ていたんでしょうけど、私としては「これ、男性が買っても大丈夫なのかぁ?」
という気持ちでいっぱいでございました。

別に誰が買おうと問題ないんですけどね。
小心者なのでレジ通す時も結構ドキドキでした。

次からは店員さんに無駄な不信感を与えないよう、
堂々とやっていければと思っております。



もう1つの問題は、バーコードがはがれにくかったという点です。

処分価格なので値札があちこちに貼ってあったんですね。
その前の値段の値札の上に貼って、さらに違う場所にも貼ってという感じです。

それらはまぁなんとかなったんですが、
これまでに出会ったことのない強敵が待ち構えていました。

海外でもこんなバーコードはいませんでした。



それは、盗難防止用のコイル的な何かが入ったバーコードでした。

どういう仕組みなのかはよく知りませんが、
レジを通さずにゲートを通ろうとすると反応するやつです。

それ用のバーコードが全然はがれませんでした。




まぁ、すぐにはがれてしまったら意味がなくなるんですけどね。


そのためきっちり接着してあり、かなりの強敵でした。
シールはがしをつけつつ、徐々にはがしていき、
コイル的な金属線らしきものを取り除き、
こびりついたノリをキレイに落とすまでかなり時間がかかりました。

若干、パッケージに傷がついてしまった部分もありましたが、
結果的にはそれなりに上手に取れたと思います。




ドンキや家電量販店でせどりをする際は、
このバーコード、要注意です。

なお、上手なはがし方をご存知の方、至急ご連絡ください。

ヤマトの送料を下げる方法 その2


昨日のはこBOONを使う場合、利用できる人は限られてしまいますが、
今日紹介する方法は誰でもできてかなりお得です。
タトゥーレ鈴木です。


いきなり出してしまいますが、その方法とは
「クロネコメンバー割」を利用する方法です。

 
 「クロネコメンバー割」
 http://www.kuronekoyamato.co.jp/webservice_guide/memberwari_off.html


今年の5月12日に始まったサービスですので、
まだご存知ないかたもいらっしゃるかもしれません。

クロネコメンバー割なら5000円以上チャージすれば運賃10%OFF、
クロネコメンバー割BIGなら50000円以上チャージで運賃15%OFFです。

私はすぐにBIGに申し込みました。

15%OFFですよ。


60サイズの近郊料金が756円ですから、
その15%で「113.4円」安くなります。

これがどういうことか分かりますか?

なんと持ち込むよりも安くなるんですよ!

昨日の記事を読んでいただいた方は分かるかと思いますが、
契約を結んでも数を出さないと100円ぐらいしか安くなりません。

ということは契約を結ぶよりもこちらのほうがお得になります。

契約を結ぶと月末締めで後納一括払いができるというメリットはありますが、
とりあえず今は少しでも安いほうがよいので、これは助かります。
これより安くならない見積もりなんかいらないっす。

FBA納品の際の140サイズだと毎回210円も安くなって嬉しい限りです。

まぁ手元の現金が一気に5万円なくなるのはちょっと痛いですが。



そんなわけで、ヤマトをご利用の方、ご利用予定の方は
カードが届くまでに少し時間がかかるので、
早めに申し込んでおいたほうがよいと思います。

ちなみにBIGは電話でしか受け付けてないみたいですので、電話しましょう。
ただ登録内容の確認をされるだけだったので、怖がらなくても大丈夫です(笑)


ヤマトの送料を下げる方法 その1


昨日ヤマト運輸を紹介しましたが、
送料が比較的高いということを書きました。

そんなヤマトの送料を抑えることができる方法を
今日はお教えしたいと思います。


その前に「宅配便」と「宅急便」の違いって分かりますか?





「宅配便」は荷物を配送する便の総称で、
「宅急便」はヤマトの商標なんですね。

なので「宅急便で送る」といったらヤマトで配送することを指します。

私は昔、区別がついていませんでした。
まぁ、意味が伝われば別にどうでもいいといえばどうでもいいことですけど、
別に知っておいても損することはないと思います。

一応、そのあたりも関わってくる事業なわけですから、
宅急便で送ると言っておいて佐川でおくったりしないようにしましょう。



余談はさておき、ヤマトで送料を下げるお話です。

まずひとつに「はこBOONを使う」というのがあります。

ヤフオク!をやっている方はご存知の方も多いでしょう。

はこBOONの配送はヤマトが行なっていますから、
同じクオリティで安くサービスを受けることができます。

はこBOONは160サイズ以下であれば送料は重量のみで判断されます。

なので大きくて軽い荷物を扱っている人はお得ですね。


 はこBOON料金表
 https://www.takuhai.jp/hacoboon/hb26


しかも「同一県内料金」の設定がありますので、
自分と同じ県内の顧客に送る際はさらに安くなります。

小さくて重いものはゆうパック。
大きくて軽いものははこBOONです。


デメリットというか残念なのはファミリーマートへの持込限定だということです。

近所にファミリーマートがあったり、
マンションの1階にファミリーマートがあってその上に住んでたり、
実家がファミリーマートを経営していたりすれば問題ないですが、
近くにない場合は利用しにくいです。

私は残念ながらファミマがちょっと遠いので利用してません。
重さで判断といわれても持ち込むのが結構大変です。


あと気をつけなければならないのは、
一時的にファミマ店舗で預かることになるという点です。

ヤマトの扱いは問題なくてもファミマ店舗での扱いが悪かったら何にもなりません。

ですので、できる限り集荷時間近くに出しに行くのがよいと思います。
だいたい夕方5時とかそのあたりじゃないでしょうか。
店員さんに聞けば教えてくれます。

うっかり夜中に出してしまうと次の日の夕方まで
その店舗に置かれることになってしまうわけで、
その間に何も起きないとは限りません。

コンビニには荷物をためておくほど広いスペースがないので、
大きな荷物ほど「邪魔」だと思われるでしょう。

移動させようと思ったバイト君がうっかり落としたり、
カウンター下に置いてあるのをポコポコ蹴られたりしているかもしれません。

これはあくまで想像ではありますが、大事な商品がどう扱われているか
わからなくなるので、できる限り留まる時間を短くしたほうがよいでしょう。

ファミマに限らず他のコンビニに持ち込む場合も同様です。

これに関しては私の気にしすぎで本当はそこまで問題ないとは思いますが、
大事な商品ですからできる限り手元においておきたいと思うのは私だけでしょうか。

独断と偏見に基づく、どの配送業者を使ったらいいのか(ヤマト運輸編)


日本郵便デメリット編はヤメマシタ。
タトゥーレ鈴木です。

一度書いたんですけど、私的感情が多分に含まれていることと、
それをひとつにまとめてしまうと毒が強すぎたので、やめました。
今後、近いうちに小出しに普通の記事に混ぜて書いていきます。

ひとつだけ一般的だと思われることを挙げると、
日本郵便のデメリットは「ルールが細かい上に分かりづらい」ところですかね。
「あれとこれはオッケーだけどそれとこれはダメ。
 でもそれをするにはこれをやらないとダメですよ。」
みたいななんだかややこしい話になります。

たとえば昨日の、ゆうパックの割引が併用できるとかできないとかです。

元々お役所ですからルールが複雑で、局員さんも調べながらやっている時があります。
佐川の「今回は別にこの金額でもいいっすよ」みたいなのは100%ないでしょう(笑)

まぁ、郵便局に関する話はたくさん持っているので、
今後ちょくちょく出てくるのをお楽しみに。


さて、今日はヤマト運輸についてです。

独断と偏見ですので、情報が古かったり、
あまりにも偏見すぎて役に立たない可能性もありますので、
くれぐれも鵜呑みにされないようにご注意ください。



ヤマトといえばやっぱりドライバーがイケメンその品質の高さですかね。

私は「ヤマトでダメならあとは自分で持っていくしかない」と思っています。

メール便に関しては少し問題がある(最近あまり聞きませんが)ようですが、
宅急便に関しては国内最高のサービスレベルだと私は思っています。

カバー率や地方のサービスに関しては日本郵政に勝てない部分があるでしょうが、
安全にキッチリ届けるという部分では同等かそれ以上でしょう。

メール便については元お役所として転居などの情報をつかみやすい
日本郵政にはどうしても劣ってしまいますので、
到達率の差が出るのはしかたのないことかと思います。

あとはコストの関係でどうしてもバイトや契約を使わないとならないでしょうから、
そうすると「年賀状捨てちゃったイベント」みたいなことが
風物詩ではなく常時起こる可能性が高いです。

そもそも「1通82円」と日本郵政と張り合えるということが偉大です。


ドライバー、営業所の対応もしっかりしています。
私の周辺だと、ヤマトの車が1日2回は必ず回っており、きめ細かく対応してくれます。

ネットで集荷依頼したら10分後に来られたときは驚きました。
その際はあまりの速さにまだ梱包が終わっておらず、
2時間後にもう一度きてもらうことになってしまい大変申し訳ありませんでした。
しかし、別に嫌そうにすることもなく「んじゃ、また来ます」と普通に対応してくれました。

営業所が近くに2店舗あるというのが大きいのかもしれません。
そんな理由で私はヤマトを利用しています。

そういえば、現在のamazonの配送もほぼヤマトが担っていますね。



そんなヤマトのデメリットは「値段が高い」ということでしょう。
高品質ですから仕方ないですけど。

一般料金で比べるとそこまで変わらないように見えますが、
契約運賃で他社よりも安くできてるところは少ないのではないでしょうか。

昔からの契約が続いているところは安く抑えられているかもしれませんが、
これから契約する場合は月に相当な個数を出さないと安くならないと思います。

私も少し聞いてみたのですが、とっても厳しそうでした。

月に100個200個だしてやっと1個あたり100円より
さらに値引きできるかどうかという感じでした。

1個100円引きだと持ち込み運賃と変わりません。

まぁ逆に言えば、100円引き(持ち込み運賃)ぐらいなら
契約できそうというわけですが、それだとあんまりメリットないです。

FBA納品がメインの今、自己発送はそれほど多くなく、
月に100個以上はまだまだ先になるでしょう。
そもそも月に100個出すには100個の商品と100個分の資材が
必要になるわけで、それを置いておくスペースも今はありません。

そういった理由で私はまだ契約はいたしておりません。

あと、契約には扱う商品も関係してきます。

運賃安くしても壊れやすい商品で万が一の時の補償費が
配送費用よりも多くかかってしまったら
ヤマトとしては赤字になりますから、それは避けたいわけです。

出荷の際に品名欄に「フィギュア」とか書くと、
梱包状態などかなり確認されるので、今は破損や補償といったところに
かなりに敏感になっている様子が伺えます。

壊れ物などを扱っている場合、ヤマトが品質が高くて安心だとは思いますが、
運賃はなかなか下がらないと思っていたほうがよいでしょう。



そんなわけでいかがだったでしょうかヤマト編。

私は初期の頃こそ多少費用がかかっても安全な
配送サービスを使うほうがいいのではないかと思います。

配送で問題が起こった場合、自分が悪くなかったとしても
信用度は下がってしまいますし、なによりその対応がかなり面倒だと思います。
その対応にかける時間をリサーチにまわしたほうが有益でしょう。

そういった経験を同時にしていきたい方は別ですが。

いずれにせよある程度の個数がまとまらないうちは
そこまで運賃は下がりませんから、月に100個ぐらい出すようになるまでは、
送料差益はあまり考えない方がよいかもしれません。

1個の配送事故の対応にとられる時間で、
送料差益が全部吹っ飛ぶ可能性がありますから。

独断と偏見に基づく、どの配送業者を使ったらいいのか(日本郵便メリット編)


私はヤマトと日本郵便を使ってます。
タトゥーレ鈴木です。

昨日と同じ出だしですみません。

郵便局が家の近くになんと3つもあります。

徒歩3分のところに1つ、徒歩4分のところに1つ、
徒歩6分のところに1つという感じです。

3店を円で囲んだほぼ中心に住んでます。
郵便局が多いというとこで家を選んだわけではないですが、
大変便利で助かっております。

というわけで、今日は日本郵便編をお送りします。

独断と偏見ですので、情報が古かったり、
あまりにも偏見すぎて役に立たない可能性もありますが、
ひとつの情報としてお読みいただければ幸いです。


日本郵便の魅力は安さと安定性でしょう。

民営化されたとはいえ、82円で日本全国へ手紙を届けてくれるなんて
大変素晴らしいサービスですね。
北海道から沖縄へ送っても82円ということを改めて考えると、
いったいコストはどうなっているのかと心配になります。

ゆうパックも同様に契約運賃を考えない場合は、比較的安いと思います。

ゆうパックの特徴として

サイズのみで運賃判断、重量関係なし

というのが挙げられます。
小さくて重い商品を扱っていらっしゃる方はゆうパックが最適です。

サイズのみですからどんどん重くしても大丈夫でしょう。

あと、同一県内料金があるというのも魅力です。

購入してくれた人が同じ県内に住んでいた場合は安く済みます。
(もちろん契約運賃の場合は違うかもしれません。)


窓口へ持ち込めば100円引いてもらえるので、
私のような近所に郵便局がひしめいている人にはありがたいです。

重量制限ないからといって重くすると持ち込むのが大変になりますけど。


同一あて先割引というのもあって、1年以内に同じ住所へ差し出すと
1個につき50円割引してくれるそうです。

ネットショップでリピーターさんを獲得できてる人にはお得ですね。

私も郵便局へ荷物を持っていくと「1年以内に同じ場所に出してないですか?」
「出す予定はないですか?」とやたら聞かれます。
これ、売り出し中のサービスなんですかね?

なぜ同じところへ出すと割引になるのかは全然理解できません。
どういう手間が省けるんでしょうね。


この同一あて先割引と併用はできませんが、
同じあて先に2個以上同時に出すと1個につき50円割引されます。
ということは、100円以上引かれるということですね。

「同一あて先割引」と「複数口割引」は「持ち込み割引」と併用できますので、
持ち込めばさらに100円引かれます。

元々、安めの料金なのにさらに値引いてくれますからお得です。


ちなみにあまり知られてませんが、ゆうパックは「170サイズ」まであります。

ヤマトなどは160サイズまでなので「やっべ、160ちょっとオーバーしたかも」といった
荷物の時はゆうパックを使えば引越屋を呼ばなくても配送できます。



安定性については、民営化されたとはいえ国のお抱えである要素は強く、
住所のデータなども既に持っていたところからさらに頻繁に更新しているので、
配達の確実性は高いです。

なので若干住所が間違っていても届けてくれます。
多分、郵便番号と名前だけでも届くでしょう。
(責任は持てないですし、局員に迷惑もかかるので実際にやらないように!)

あとはその性格から日本全国をカバーしているため、
どんな地方でもキッチリ確実に届けてくれます。

差し出す側としても郵便局しか選択肢がないというような地域もあるくらい
しっかり網羅されています。採算度外視で素晴らしいですね。

まれにお正月近辺で、大量の年賀状をバイト君が川に捨てちゃう事案が発生しますが、
それに関しては短期で臨時に雇った人材ですので、日本郵政側よりも
本人の意識によるところが大きと思うので勘弁していたけたら幸いです。
新年の風物詩としてご理解賜りますようお願い申し上げます。


絶対ということはないので、郵便事故は発生してしまいますが、
割合でいったらかなり低い方だと思います。


では、まとめます。

日本郵便(ゆうパック)のメリット

 ○ サイズのみで運賃を計算(小さくて重いものはお得)
 ○ 同一県内料金がある
 ○ 持込で100円割引
 ○ 1年以内に同じ住所に出すと50円引(リピーターがいればお得)*
 ○ 2個以上同時に同じ住所に出すと1個50円引き(*との併用不可)
 ○ 170サイズまでいける
 ○ 全国をカバーするサービスと配達の安定確実性
 ○ 売ってる箱が意外と便利
 ○ レターパックが便利


最後2点つけたしましたが、こんなところでしょうか。
まだまだメリットはあると思いますが、
ややこしくなりそうなのでこのあたりにしておきます。

次回は日本郵政デメリット編です。
書きたくないし書いていいのかという気持ちもありますが、
メリットを書いたならデメリットも少し書かなければならないでしょう。
関係者の方の目に触れないことを祈ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。