E - 破損 - Amazonフルフィルメントセンター責任


小田原FC(FSZ1)の遅延、長かったですが、
やっと立ち直ったみたいですね。
たくさん小田原に収めているので、
今後についてもちょっと心配しています。
タトゥーレ鈴木です。

このまま年明けまでこの状態が続くのか?とか
小田原にはホリデーシーズンのカートがまわってこない?とか
余計な心配をして呻いておりました。

あと、まさかの受け入れ中止とかなったら
どうしようかと・・・。


実際には起こらない話でしたが、根がネガティブ思考なので、
すぐに疑心暗鬼になり、マイナスの妄想だけはよく膨らみます。


さて、その影響があったのかなかったのかは分かりませんが、
私の商品が1つ、タイトルの状態になりました。

いきなり売上が増えたので何かと思って、
トランザクションを調べたら
「FBA在庫の返金」という項目で、
金額が表示されていました。

その商品をFBA在庫管理の画面で
確認するとタイトルのように

E - 破損 - Amazonフルフィルメントセンター責任

と書いてありました。

壊しちゃったんですかね。
仕方ないですね。

その後、ステータスは

P - 販売不可の在庫商品

O - 別の所有者への移管


と変わっていきました。

「別の所有者=廃棄業者」ってことでしょうか。(笑)


破損については仕方ないのですが、
気になるのは返金額。

自分が出品している価格よりも結構安い。

販売手数料とFBA手数料を引かれた数字なのかと
思いましたが、計算するとそれよりも安い。

どこからこんな数字が出たのかと思って、
調べてみるとちゃんと書いてありました。


 フルフィルメント by Amazon 交換価額表
 http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?ie=UTF8&nodeId=200326380


 商品の価格は、出品者様の販売商品履歴、
 適正な市場販売価格または他の出品者様の
 販売価格の平均値などから商品価格を考慮の上、
 算出されます。



知りませんでした。

確かに私は在庫切れ狙いの一番高値で出してましたからね。
市場販売価格よりは高かったでしょう。

でも、最安値の人の販売価格よりは高い金額で
買い取ってもらえたのでよかったかもしれません。

赤字ですけど、正直なところ、不良在庫で
どうしようか困ってた商品でした。
年内に値下げして売り切ろうと思ってました。


ただ、ひとつだけ悲しいことが。


この商品、私は2点仕入れました。

残念なことに1点は日本に来るまでの間に
破損してしまいました。

そう、ずっと読んでいていただいてる方は
ピンときたかもしれません。
返金まで3ヶ月かかったあの件の商品です。


 モールテール様から返金いただきました
 http://amayuni.blog.fc2.com/blog-entry-156.html


そして、残った1点はFBA倉庫で
売れずに眠っていたところ、破損。

仕入れた2点とも日本の誰の手にも渡らずに
闇に消えていってしまいました
。。。悲しい。

というか呪われた商品だったのか。

偶然というのは不思議なもので、
よりによってそういう商品が破損するという。

別にそこまで破損しやすい商品では
ないと思うんだけどなぁ。


というわけで、FBAでも事故はありますので、
在庫管理はしっかりやりましょう。

私は他にも1点、「配置ミス」のまま
約1ヶ月みつかっていない商品があるんですよね。。。

どこに行ってしまったのか。
販売機会の損失も何もあったもんじゃないです。


とりあえず、せっかく遠路はるばる仕入れた商品なので、
できれば皆無事に旅立って欲しいといつも願っております。


スポンサーサイト

ヤフオクで嫌な商品を見つけた


基本的にヤフオクはできる限り安価で買いたい人が多く、
アマゾンのほうが高く売れると言われますね。

私も基本的にはその通りだと思います。


でも、昨日書いたようにアマゾンよりも
ヤフオクのほうが高く売れることもあります。

むしろ商品説明やタイトルが自由につけられるので、
販売する力が強い人はヤフオクでも高く売れるでしょう。

オークションで値段が競りあがる場合もあります。


自由度が高いぶん、それを面倒と捉える人もいるでしょう。
アマゾンはしっかりルールにのっていれば、楽ですからね。
何もしなくてもどんどん宣伝して、売ってくれます。
FBAに入れておけば配送までしてくれます。
その間、ほとんどの場合において顧客とのやり取りはありません。


しかし不思議なことに、これに慣れると、
逆にヤフオクの取引ナビが新鮮に思えてくるんです。(笑)

私はヤフオクではほとんど出品していないし、
ほとんど売れていないので、そう思うのかもしれません。


最近、取引ナビで雑談しているタトゥーレ鈴木です。

ずっと「その他」で関係ない話しててすみません。

だって、ノリのいい人がいろいろ教えてくれるんだもん。
ライバルセラーの情報とか欲しい商品とか・・・
ヤフオクはこういうところが面白いですね。



さて、そんなヤフオクで久しぶりに
ぷらぷらと検索していると嫌な商品を
見つけてしまいました。

それは何かというと
「自分がアマゾンで売っている商品」でした。



まぁ、よくあるパターンですね。

その商品は3名ぐらいが出品していて
私のアマゾンでの価格より安かったです。

ちょっとゾッとしました。

なぜならその商品、私の主力級の商品だったからです。

アマゾンで月に20個近く、
すでに100個は売っている商品で、
在庫もたっぷりあったからです。

一瞬、「(アマゾンより安いので)全部ヤフオクに
(顧客が)流れたらどうしよう
」と震えました。


でも、落ち着いてよく考えるとあることに気づきました。

(3人もセラーがいるわけだし、今安い値段で
売り始めたわけじゃないよな・・・)

(ってことは数ヶ月前から売られてた可能性が高い。
だとすると、その間に並行してアマゾンで私は
かなりの数を売っていた・・・)


あれ?

もしやこっち売れてない??


あの恐怖は一転、軽くニヤケました。


いや、ホント、見つけたときはかなり焦りました。
一瞬で在庫の量に単価掛けて損失額を計算しましたよ。(笑)

冷静に考えるとそれほど問題はなさそうに思えて良かったです。

実際のところ、今も問題なく順調に売れております。


落ち着きを取り戻したので、さらに注意深く調べていくと
より興味深い点を発見しました。

それはタイトルのつけ方。

そもそも私がこれだけ売っているのに、
なぜリサーチをしてなかったのか。

単に検索に引っかからなかったからなんです。

具体的に例を挙げて説明するとヤフオクの3名は
全員輸入してそのままのタイトルなんです。

つまり「Harry Potter」なんです。

日本人が検索する時「Harry Potter」で検索します?

たいてい「ハリー ポッター」とかですよね。

アマゾンのタイトルはもちろんカタカナの「ハリーポッター」。


多分、このあたりが大きな要因なのではないかと思います。

ヤフオクの3名があまりやる気のない人で本当によかった。
単に海外の購入先のタイトルをコピペしただけ。
そんなタイトルのつけ方、自分の中では「ありえない」と
思っていたので全員それをやってるとか奇跡だと思いました。

あとは3名がこの記事を読んでいないことを祈ります。


推測ですが3名の方は多くの商品を扱っているので、
きっと「ハリーポッター」にそれほど興味がないのでしょう。
というかそれが売れても売れなくても
別にあまり関係ないレベルなだと思います。
単価は高くないので。

その裏で私みたいな小物が稼がせていただいております。
ありがとうございます。


というわけで、ヤフオクで自分よりも安く売っている
商品を見つけても取り乱さないようにしましょう。

あとタイトルのつけ方って大事ですね。

アマゾンのタイトルのつけ方について、
先日ゴーゴーさんから貴重な情報をいただきましたが、
それは私が見つけたものではないので私からは言えません。
すみません。


(私信)
ゴーゴーさん、いろいろありがとうございました。
その件はまた後ほど公開できる範囲でまとめます。

アマゾンはアマゾン、ヤフオクはヤフオク 後編


昨日の続きです。

昨日はハゲには整髪料は必要ないのか
店舗よりもアマゾンのほうが送料込みでも
安いことに衝撃を受けたという内容でした。


わざわざ店舗にいくよりも、
届けてくれてしかも安いならそうのほうがよいと思い、
迷わずそのままアマゾンで購入しました。

その後、当然のことながら何の問題もなく届き、
普通に使っております。


そして使っている時にふと自分がアマゾンで
購入に至った経緯を考えてみて不思議なことに
気がつきました。

なぜアマゾンで買ったかということに関しては、
自分がアマゾンで販売をしていて、
リサーチもしているのだから当然と言えば
当然の流れであったかと思います。

いままで買っていた店舗で買わなかったのは、
アマゾンのほうが安く手に入る上に、
届けてくれるので出かける必要がなかったからです。

そこまではいいでしょう。

不思議なのはその先でした。


そもそもその商品を一番最初に買ったのはヤフオクでした。
でも、今回はヤフオクで検索すらしませんでした。


ネットで買うとしても、アマゾンだけではなく
ヤフオクで探してもよさそうなものです。
以前は買っていたのですから。

それをなぜしなかったのか。


考えてみると自分の意識の中に
「ヤフオクで買う」という意識が
まったくなかったことに気づきました。

そうなんです。

「ヤフオクで仕入れる」という考えはあっても、
「ヤフオクで個人的なものを買う」という意識が
もうなくなっていたのです。

なぜなら、日用品など個人的なものはすでに
アマゾンで買うようになっていたから。


普段、両方でリサーチしているのにも関わらず、
意識に違いが出るというのはとても不思議ですね。


そこから発展して考えると、価格の比較が必要な
高額な商品などは別として、それ以外に関しては、
「いつものところで買う」という意識が
やはり働いているんだろうなと思います。

いつもアマゾンの人はアマゾン、
ヤフオクの人はヤフオクで買うのでしょう。

私も両方に出している商品があるのですが、
アマゾンではさっぱり売れない商品が、
ヤフオクではポツポツ売れることがあります。

アマゾンの場合、私よりも安く出している人が
数名いるので、そちらに流れているのは明白なのですが、
ヤフオクの場合、そのアマゾンセラーよりも高い値段で
出していても売れていきます。

ヤフオクでは他に出品者がいないからなのでしょう。

「比較すればアマゾンで買ったほうが安い」ので、
なぜヤフオクで売れるのか不思議でしたが、
今回の自分の行動を振り返ってみて少し謎が解けました。

普段からヤフオクの人は、アマゾンを見ないんです。


そういえば見かけたことがあります。

ヤフオクの評価で「非常に悪い」がついていてコメントに
「アマゾンから届きました。転売やめろ。」みたいなやつ。

アマゾンで仕入れてヤフオクで売るという
ツワモノが中にはいらっしゃるわけでして、
普段からヤフオクの人はアマゾンを見ないから、
そのままヤフオクで落札する。

で、なぜかアマゾンの箱でアマゾンから届いたから
調べてみたらアマゾンの価格が激安だった、と。



というわけで、アマゾンにはアマゾンの
ヤフオクにはヤフオクのお客様がいらっしゃるので、
できることなら両方に出品しておいた方がよいですね。

別に1円出品とかしなくても、他に売っている人が
いなければ、アマゾンよりも結果的に利益の残る
値段で売れることが多々あります。

手数料もアマゾンとは違いますからね。




追伸

いちおう昨日の整髪料をヤフオクで調べてみましたが、
送料を入れるとアマゾンのほうが安いみたいです。

さすがや、アマゾン。


アマゾンはアマゾン、ヤフオクはヤフオク 前編


夏は短髪、冬は長髪にしております。
タトゥーレ鈴木です。

基本的には短髪が楽でいいのですが、
似合わないとのことで渋々、長髪にしております。

この時期は髪が中途半端に長くなっておりまして、
これが邪魔なんです。

それで先日「邪魔だから髪の毛なんてもういらねぇな」と
極端かつファッション性の欠片もない発言をしたところ、
「髪がなくて困ってる人もたくさんいるんだから、
そういう発言は控えなさい」とたしなめられました。

あればいらなくて、なければ欲しくなる。

しょせん人間なんて「ないものねだり」を
一生続けていくんですよ。

ともあれ、全国の頭髪でお悩みの方、
大変申し訳ございませんでした。

遺伝的にも状況的にも、そろそろ私も
自然となくなっていく頃合ですので、
極端なことを言わなくても時間の問題であります。


まぁ、そんな話をしていると輸出で有名なあの方にも
怒られそうなのでそろそろ本題に移ります。









みなさん、整髪料って何使ってます?




ごめんなさいごめんなさいごめんなs(ry

サクセスの人、本当にすみません。
いや、これが本題なんですって。

私はここ10年ぐらいこのワックスをつかっております。

 



で、これなんですがあまりそこいらで売ってないんです。
いちおうサロン用なのかな?

10年前はもっとどこにも売っていなくて、
ヤフオクでやっと見つけて買っていました。

その後、東急ハンズやロフトといったところで
売られるようになったので、最近はそこで買っていました。

そして先日、無くなってきたので買いに行こうと思ったのですが、
ふと「アマゾンにあるんじゃね?」と気がついたのです。


正直なところ、お恥ずかしいのですが、
私、アマゾンで販売を始めるまでアマゾンで
ほとんど物を買っていなかったんです。

5年以上買ってなかったんじゃないかなぁ。

10年ぐらい前、まだ「3000円以上購入で送料無料」
とかいう頃にはよく本を買っていた記憶はあります。

大きな書店でないと扱ってない本を求めていたので、
アマゾンのほうが探すのが楽で、時間がかからないという理由でした。

「時間がかからない」というのは届くまでの時間ではなく、
時間がないのに「余計な時間をとられない」という意味です。

なにしろ一度本屋に行ってしまうと、
忙しいのにも関わらず3時間以上平気で居てしまうので、
本屋に行かないようにしていたのです。


その話はさておき、アマゾンで販売するようになって、
長期のブランクを経て再びアマゾンで買い物をするようになりました。

それで思ったのですが、
アマゾンのほうが安い・・・。


上記の整髪料でいうと、私の手元にあった
もうなくなりかけている古い整髪料には
「1000円+税」という値札が貼ってあります。

アマゾンは上記の価格です。
送料は無料。


店舗に買いに行くより安いのか・・・。


ちょっと衝撃でした。

でも、もしアマゾンで探していなかったら、
私は普通に店舗に買いに行っていたでしょう。

実際のところ、買いに行こうと思っていましたが、
リサーチの合間に「試しに調べてみるか」という
程度の気持ちで調べたら安かったのです。

もちろんそのまま買いました。





余計な話で長くなりました。
すみません。
明日につづきます。

Amazonに参入されてよかったこともある


強い敵にぶつかった場合、やっぱり有効な手段は
「逃げる」だと思うんですよ。

だって勝てないんだから。
一旦、逃げるべきでしょう。





しかし まわりこまれてしまった!



もうちょっとで次の町なのに・・・
手汗びっしょり。

逃げられない場合があるのもまた事実です。
特にボス戦とか逃げられないですよね。


宝箱全部とって、塔を登ってきて、
ごりごり進んでいたら、突然画面が自動で
動き出し・・・

嫌な予感が・・・



エッジ「おやじ! おふくろ!




ルビカンテ戦が始まってしまった・・・


セーブしてねぇ。。。
というかセーブポイント見逃した。。。


子供の頃の嫌な記憶がよみがえります。

ドラクエよりもFF派だった
タトゥーレ鈴木です。

全然わからない人、ごめんなさい。


逃げられない強敵というのがいるという話です。


サムライなら「戦う」か「死ぬ」という選択肢しかないので、
やはりサムライ精神としてはたとえどんな強敵でも
「美しく戦って散る」のが正しいのでしょう。

しかし、今の私の身分は「商人」なのです。

武士の又兵衛の気概は持っておりますが、
考え方としては商人の又兵衛なわけであります。
(司馬遼太郎『売ろう物語』)


なんだかいつも以上にとっちらかってきたので、
本題に入ります。

Amazonにおける強敵といったら、
やっぱりAmazon本体でしょう。


強敵というかラスボスです。

逃げることができないどころか、
準備万端のパーティーで臨んでも、
全滅する可能性があります。


ですので、Amazonが出品している商品には
参入しないというのが基本です。

ところが既に出品されている商品はいいのですが、
あとから同じ商品に出品された場合はとても困りますね。

ラスボスがまさかのバックアタックを
しかけてくるわけです。


私は国内の卸し売り業者の在庫もなくなっているから、
わざわざ輸入して出品したのに、そのすぐあとにAmazonから
出品されたことがあります。

しかも結構な安値で。


いったいどこから仕入れてきたんだ・・・
(もちろん海外の本体でしょう)

出品を勧めといてそれはないだろう・・・



まぁ、何を言っても終わりです。


でも、自分の在庫が少量であれば、
Amazon様が商品を出品してくれてよい面もあります。

なぜかというと、Amazon様がその商品を売り出すので、
値段は安いし、オススメするしで結構売れていくのです。

それまでイマイチな売れ行きだったとしても
急に売れ始めます。

さすがです。


で、そのままの勢いでAmazon様が在庫切れを出します。


そうするとちょっと高い値で売っている
自分の商品もそこそこ売れてしまうのです。

ちょっと不良在庫になりかけていた商品も
売れて行ってくれるので助かります。


というわけで、Amazon様に参入されても
焦って値下げしない方がよいかもというお話でした。

結構、在庫切れ出しますよ。

ただ、再仕入れは検討しなおしたほうがいいでしょうね。

Amazon.comからImport Fees Depositの返金


いやーもりもり円安が進んでおりますね。


1ドル=118円ですか。


どうしましょう。

さすがにここまでくると焦りますね。
やっぱ輸出っすかね。

あとは国内の仕入先探すしかないな。


とか言いつつも別にたいして何もしていない
タトゥーレ鈴木です。

円安がどうのよりも月の中旬の売上が、
落ち込むのをなんとかしたいと思っております。

どうしても中盤で失速するんですよ。
給料日とかの関係もあるんでしょうけど、
もう少しなんとかしたい。


あとはやっぱりネットショップを作りたいです。

ただネットショップを作るほど、
商材が定まっていないのが困り物です。

儲かる商品を節操なしになんでも輸入してると
こういう時困ります。


さて、転送業者もいいけど直送もね☆
ということでAmazon.comから直送できるものは
極力直送している私ですが、最近になって
やっと「deposit」が返金されてきております。

日本へ直送する時に送料とは別に請求される
「Import Fees Deposit」というやつです。

これは輸入する際の税金など追加でかかりそうな費用を
事前に払っておくという項目で、もし必要がなかった場合、
あとから返金されます。


だいたい2ヵ月後ぐらいに返金されるそうですが、
私の場合、早いものは1ヵ月後、遅いものは3ヶ月
経っても返金されておりません。
(もしかすると、この商品は返金されないのかも)


もちろん商品にもよるのでしょうが、
私の買った商品で返金されているものは
一部返金などではなく全額返金されています。

不思議です。

送料で税金もまかなえたのか、
無税だったのか・・・(そんなことある?)


「買った商品が「1万円未満」なら全額返金される」
というような話もありますが、2万円以上のものも
買っております。

それらも「deposit」の部分は
全額返金されてるんですよね。。。


別に送料がそれほど高いわけでもなく。。。
というかむしろ安い。。。
これ本当に大丈夫なのか。。。


どちらかというと不安にしかならない仕組みですが、
返金される部分も計算すると
大量にためて一斉に転送しない私は、
直送できるならした方がかなり安いです。

むしろAmazon.comの送料を心配するぐらいです。


ただ戻ってくるかこないかが分からないってのは
ちょっと困るんですよね。

返金を当てにして利益計算してしまうと、
戻ってこなかった時のダメージが大きいのです。


返金は決済した時と同じ方法で行なわれるので、
クレジットカードで決済している私は、
クレジットに返金されております。

返金の場合も、そのときの為替レートが適用され、
日本円に換算されて返金されます。

そんなわけで円安の影響で返金された額の方が、
支払った時の額よりも多くなっております。

支払ったのは2ヶ月ぐらい前ですからね。

まぁ微々たる額ですけど。


というわけで、円安でちょっとだけ得したという
負け惜しみの話でした。

あれ?


もしかして


今直送してる物って、このあともし円高になったら
返金されても損をするってこと?


あ、でも商品の仕入れ値が下がるから
そっちの方がいいのか。

UPCを調べる方法


コタツを出したら一気にダメ人間になった
タトゥーレ鈴木です。
こんにちわ。

こたつからなかなか出なくなるわ、
うとうとするわ、だらだらするわで
どうしょうもなくなってます。

いくら外に出ない引きこもりだからといって、
だらだらするのはよくないっすね。

こたつでリサーチしてれば
よいってものでもないんです。

他にもいろいろやらなきゃならんことはあるんです。

でもそれをこたつから出たくないので、
後回しにしてまうというのがよくないですね。

そうなるのが嫌で数年前までは
こたつのない生活をしていましたが、
さすがに耐えられず今は使用しております。


私がぬくぬくこたつなんぞに入っている間に
アメリカには大寒波が来たそうで、
国土の半分以上が雪に覆われるという非常事態。

ハワイを含む全州で氷点下を記録したそうです。


え?ハワイって常夏じゃないの?

「常に夏」と書いて「トコナツ」でしょ??


夏なのに氷点下とか意味不明です。


いや、そんなことよりこのタイミングで
いろいろ買ってしまったがな。

やっぱり雪で配送遅れるんすかね?
日本は普段雪降らないところに
雪積もった大騒ぎになりますけど、
アメリカさんはどうなんでしょ?

「だって雪降ったし。
遅れるのアタリマーエ。
嫌ならお前のその沸騰した頭で
アメリカ中の雪を溶かしな。」


言ってるな。
絶対言ってる。

そしてきっと荷物も平気で遅れてる。

感謝祭もあるし、こりゃ日本に届くのが
相当遅くなるのを覚悟しないといかんな・・・。


というわけでそんなネガティブ思考な私は
季節的な要因もあって気分も落ち込んでおります。
それに比例して売上も落ち込んでおります。

がんばれ、小田原FC(FSZ1)!


さて、新規商品をちまちま登録している私ですが、
最近アメリカのAmazon(Amazon.com)の仕様が変わりまして、
商品のUPCが見れずに困っておりました。

新規登録する時にUPCが必要なんです。

今までは「Sell on Amazon」みたいなボタンを押せば
すぐにUPCが見れたのですが、今はセラーとしての
登録を先にさせられるようで、登録しないと
UPCまでたどり着けないみたいです。
(怖くて先に進んでません)


なのでUPCを調べるサイトを探したところ、
こんなところをみつけました。


 http://www.yoopsie.com/


最初からここ探しとけばよかったよ・・・。
商品名入れればすぐに分かるよ・・・。

ASIN入れても大丈夫だよ・・・。


もしかしてこれって有名?
知らないのは私だけ?

前に探した時は出てこなかったんだけどなぁ。

いまさらだったらすみません。


あとついでなんですけど、日本のAmazonで
新規に商品登録する時にUPC入れるじゃないですか。

それで登録するとASIN振られて商品ページが
作成されますよね?

これって早い者勝ちですか??


つまり100というUPCで作成された商品ページがあると、
後から同じ100というUPCでは新規に商品ページを作れずに
強制的に相乗りになっちゃうんでしょうか?

だったら先に作ったほうが断然有利な気がします。

相乗りしたら商品ページ作った人がいなくなって、
今は私ひとりで売っている商品がありますが、
いくら経っても商品タイトルやら説明やら変わらないんですよね。

最初に作った人の変なタイトルのまま。

販売実績もあるのに、
なかなか変わらずに困っています。


やはり先行者利益は大きいのか・・・。


サイバーマンデー、忘れるなEbates!


昨日ブラックフライデーについて軽く書きました。
一応、事前準備は着々としております。
タトゥーレ鈴木です。

いままで買ったことのなかった
ネットショップから買ってみたり、
あまり扱っていなかったジャンルに
挑戦してみたりしております。


苦手なファッションについても、
少しだけ手を出しました。

ファッションといえるかどうかは
私には分かりませんが、とりあえず衣類なんで
ファッションだということにしてください。

私のリサーチでは日本ではどこにも売ってなくて、
ある種のブランドがついているものを安く買えたので
売れると判断したのですが、もし売れなかったら
自分で着ようと思ってます。

サイズの違いがあったり、
色の違いがあったり、
たぶんそれで売れ行きも
違うんだろうなとは思います。

難しいわ~。


自分がどのサイズなのかも
正直わかってないですからね。

色とかに関しては「色盲」と言われるぐらい
トンチンカンな感じです。

昔の人が信号の色を赤・黄・「緑」と言うのと同じです。
あれはいったい青なのか緑なのか・・・
そして自分の着ている服も上・下・ジャケットの色が
緑・赤・黄と信号みたいなことになっていたことがあります。

おかしーなー。


なんか書いていてやっぱり手を出すのは
やめたほうが賢明な気がしてきました。


さて、ブラックフライデーについてKJ新谷様が
2014年も来るぜ!ブラックフライデー&サイバーマンデー。
忘れるなMr.Rebates!
」と書いておりました。

私も便乗して書かせていただきます。


 忘れるなEbates!
 http://goo.gl/rd26WE


KJさんが「Mr.Rebates」なら
私は「Ebates」ということで紹介しました。
すみません。

別に張り合っているわけではありませんが、
とりあず紹介することすら忘れていたので、
先が思いやられます。

くれぐれもサイバーマンデーセールで
購入する時はリンクを踏むのをお忘れなく。
さらにお得になります。


先日はAmazon.comの「スポーツ&アウトドア」カテゴリで
8%の還元になってましたが、今は4%に戻ってますね。

8%戻ってきたら結構お得じゃないですか?
ポイントじゃなくてそのまま$で還元されるんですよ。

単純に8%引きで仕入れたのと同じです。
(戻ってくるまでに時間はかかりますが)


そして先日、還元されたお金を利用して
気づいたことがあります。





 これって、円安関係ないじゃん。





相変わらず当たり前のこと言ってすみません。

$でpaypalの口座にキャッシュバックされて、
それをそのままpaypal決済で使用しました。

円を介さずに$で決済したから、
円安は関係なかったというだけの話です。


気づいてないかったのは私だけかもしれませんが、
単純な私は結構、感動しました。(笑)

これまで$決済でどれだけ余計な手数料を
払ってきたことか・・・
それが関係ないなんてなんか得した気分。

しかも円安だから余計お得な感じがする。


$を円にしたり、円を$にしたりという
余計な手間がかからないってのは素晴らしいですね。


というわけで、サイバーマンデー前に
申し込んでおきましょう。

 Ebates
 http://goo.gl/rd26WE


ちなみに最初のところで一番右のEbatesを選んで、
申し込んでから90日以内にEBATESを通して
25ドル以上利用
すればボーナスで5ドルもらえます。

申し込んでまだEbatesを使っていない人も、
このチャンスに25ドル以上買っちゃいましょう。

ブラックフライデーは仕入れようか、どうしようか。


小田原FC(FSZ1)が早くもヤバそうですね。
タトゥーレ鈴木です。

遅い遅いとは思ってましたが、
先日ついにセラーセントラルのお知らせにも表示されました。

私の荷物も1箱で送ったのに、
受領されたもののされていないものが
まばらな状態です。

おまけに「M - 在庫商品の配置ミス」とやらで
どこかに行ってしまったものもちらほら・・・。

出荷の連絡もだいぶ遅いですし、
ステータスの反映もあやふやですね。


こうなると売れないのは小田原のせいなんじゃないかと
余計なことまで考えてしまいます。

小田原以外のFBA倉庫のカート獲得率を
優先的に上げてたりして・・・
ありそうで嫌です。

まぁ、何を言っても仕方ありませんね。
ここはひとつ、かまぼこでも食べて
落ち着いて待つしかありません。


さて、いよいよブラックフライデーなるものの
開催日が迫ってまいりました。

ブラックフライデーについては、
特に説明は不要でしょう。

とくにかく安く買えるという噂です。

ブラックフライデーは「米国の感謝祭(11月の第4木曜日)の
翌日にあたる金曜日」ですので、今年は11月28日でしょうか。
日本時間だと次の29日になるのかな?

そして、その次の月曜日(12月1日。日本だと2日?)が
「サイバーマンデー」といってオンラインショップでの
セールが始まるそうです。

我々はここらへんから参加でしょうかね。


他にも「グリーンマンデー」などというのもあり、
これは12月第2週の月曜日のことだそうです。
この日はオンラインショップでの注文の場合、
クリスマス休暇前にちょうど自宅に届くギリギリのところなので、
駆け込み需要が発生するようです。


ブラックだかグリーンだか、
マンデーだかサンデーだかジャンプだか、
こっちは月・月・火・水・木・金・金なので
よくわかりませんが、この期間は
とにかく驚くほど安くなるみたいです。


そのあたりについての詳細は
私は実際体験していないので、
KJ新谷様におまかせします。


 2014年も来るぜ!ブラックフライデー&サイバーマンデー。
 忘れるなMr.Rebates!
 http://kjshintani.com/?p=1913


かなり気合入ってますね。

いくつか情報を調べると中には、
「ブラックフライデーで値上がりした商品」
みたいなものもあるようで注意は必要ですが、
とにかくじっとしているべきではないようです。


私は今年初めての体験なので、
いまのところ特に仕入れる予定はないのですが、
とにかくリサーチはしておこうと思います。

で、いけそうなものがあったら買おうかと。


やっぱりファッション関係はこういうセールの
恩恵が大きそうなんだよな・・・。


あとは勝手に小田原のせいにしてますが、
調子に乗って仕入れてしまって、
現在、在庫がやや増えぎみです。

ここで仕入れて年内で売り切れずに在庫が増えると、
なにやら税金が増えるようでして・・・
棚卸資産がどうしたとか・・・


そんなわけで今年は様子を見ながら、
仕入できたらしようかと思っております。

縛られて自然に身についたカモ


間にちょっと違う話を挟みましたが、


計画的に仕入れれば溜めなくても大丈夫??
http://amayuni.blog.fc2.com/blog-entry-199.html


この記事の「その2」だと思って
いただければ幸いです。
タトゥーレ鈴木です。


何度か申し上げております通り、
転送業者モールテールの大きな弱点は
「商品を溜めておけない」ところにあります。

他にも事前に登録しなければいけないという
面倒な部分もありますが、値下がった時など
時期をみて仕入れられないというほうが、
大きく不利だと思います。

登録作業は面倒には違いないですけど、
単なる作業ですから慣れればたいしたことはありません。

とっつきにくいのは最初だけで、
やってみて慣れてくれば、
さほどの労力ではありません。

まぁ、この部分で敬遠する方も多いでしょうが、
全体的なコストを考えや自分の作業の特性を考えて
判断するのがよいと思います。

ノウハウコレクターから卒業して、
実践している方々にはいないとは思いますが、
ただ「めんどくさそう・・・」ってだけで
判断してしまうのはよろしくないですな。

ただ、いちおう言っておきますけど、
一度に50種類以上買うとかいう人は、
やめたほうがよいと思います。

さすがに大変でしょう。

もはやそういう人は別にいい業者と
契約してるでしょうけどね。


で、話を戻しますと、
極小規模なうちは単純作業に比べたら、
「機を逃す」ほうが損をします。

じゃぁ、どうするかというと、
「モールテール側に圧力をかけて
ルールを変更してもらう」ってのは
無茶な話ですから、相手側が変わらないなら
自分側が変わるしかありません。


ということで私はルールに縛られることによって、
強制的によい方法が身につきました。

まずひとつは、前回書いたように
「仕入れに計画性を持つ」ということを
嫌でも考えるようになりました。

そして今日はもうひとつ、
身についたというか普段意識するように
なったことを紹介します。


いきなり書いてしまいますが、
それは「繰り返し仕入れられる商品をみつける」
ように意識するようになりました。

というのも、仕入れて転送しようというタイミングで、
荷物の量が少ない時があるんです。

仕入元が値上がってしまったり、
在庫がなくなってしまったり、
ライバルセラーが格安で出し始めたり、
価格崩壊が始まっていたり、
リサーチが追いついてなかったり・・・

などなど理由は様々ですけど、
「転送費用が割高」になることがあります。

かといっていつまでも転送しないわけにはいかず、
でも、一度にまとめて決済しなければいけない。

そんな時に繰り返し仕入れられる商品があると
とても助かります。

利益率はそんなに高くなかったとしても、
全体の転送費用を抑えられますからね。


TAKEZOさんも「トントンでも売れる商品には
4つぐらい意義がある」とおっしゃっております。


トントンでも売る意義
http://ameblo.jp/takezo-amazon/entry-11801353888.html


こういったトントン商品があると、
仕入れも販売もかなり楽になります。

「とりあえずアレも仕入れとくか~」みたいな感じです。

少しでも利益が出てれば問題ないですし、
仕入時にカード決済でポイントやらなんやらたまっていれば、
さらに恩恵があります。

ただし、早く売れるような商品じゃないとダメですよ。

いつまでも保管してたらマイナスになってしまいます。



よくよく考えると「計画性」とか
「繰り返し仕入れられる」というのは
「長期的な視点」に繋がるんですよね。

一時的に値下がったタイミングで買って、
その時限りの利益で終わるだけでは、
やはり短期的な視点に留まるでしょう。

利益が出たならまだよいですが、
みんなが買っていて結局値下げ大会になり
利益がでなかったらとても残念なことになります。


そんなわけで、モールテールの規制により、
無理矢理自然と長期的な視点が身についたのではないかと
個人的には思っている次第でございます。

他にも「なんとか直送できないか探す」ようなことも
自然とやるようになりましたが、それはまた別の機会に。


縛られないとやらないアナタ、
縛られるのが好きなアナタ、
モールテールもお試しあれ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。