引越しで2t車って普通に運転できるものなの?


メイン(http://amayuni.comURL)で漏れてしまった『引っ越しで困ったこと』の
第5位と第4位をこちらで発表します。

引っ越しなんて基本困ったことだらけだよね。
迷宮入りしてしまった服もあって、毎日同じ服着てるからね。
そんなら、もう見かけなくなった服はゴミだったんじゃないかと。
捨ててくりゃよかったじゃないかと。
そう思う夏の始まりです。


ではさっそく『第5位』




『電気がない』



いや、電気自体はさすがに通ってます。
蛍光灯とか部屋の電気がないってことです。

前の家から持ってきたものはありますけど、設置とか面倒じゃない?
なんかソケットがどうしたとか、足の踏み場もないのに
何かに昇って取り付けなきゃなんないし。
というか照明設備一式どこかいっちゃってるし。

引っ越しをお考えの奥様。

電気関係は最後に運んで一番最初にみつかるように
しておいたほうがよいでございますわよ。

じゃないと数日真っ暗。

あるいはたまたま見つかった、トイレで使ってた
裸電球一個をとりあえずつけて満足とか。

電球一個で暮らしてると何がネットビジネスだ
という気持ちがふつふつと沸いてきて・・・


あ、これは向こうでやったな。


トイレの電気といえば、トイレには電球が入居時に
すでについたままでしたが、すぐに飛びましたw

まるで、新たな入居者を待っていたかのように飛びました。

お前はバッタか。



で、よく見ると全然ワット数が合ってない。
だいぶ無茶なのついてました。
そりゃ飛ぶよな。ハメられた。


正直、暗い部屋よりも暗いトイレの方が不便というか怖い。

家全体が暗いわけで。
そんな中で真っ暗な個室に閉じ込められる恐怖。


照らしてやれよ。照らしてやれって!

照らしてやれよ



オレだってがんばってんじゃねぇかよ!

というわけで、引っ越しの際は部屋の照明と懐中電灯を手放さないように。




続いて『第4位』



『2t車で事故る』



やっぱ引っ越しってのは一種の祭りなわけじゃん?
新居に引っ越すというハレの日なわけです。

最近は人手不足とか過疎化が進んで若者がいないとかで、
地域の夏祭りとかを外注するところもあるようですが、
やっぱり自分たちでやってこその祭りでしょ。

引っ越しだって外注しないっすよ。

友人集めてレンタカーで2t車借りてやるのが引っ越し。

2t車の運転?
別にそんな変わらないよ。
むしろ、車高あって運転席高いから前の視界は良好だし、
サイドミラーですべて見渡せるから安全。
真後ろはさすがに死角になるけど、運転してて
真後ろ見る必要って実はない。

というか車庫入れも車線変更もサイドミラーだけでいけないと
駄目でしょ。普通は。
バックミラーとかバックモニターってのは後ろにヤ〇ザとか
警察の車両につけられてないかとか、駐車場にうっかり猫が
寝てないかとかを確認するためのものだからね。

まぁ、ついてたとしても、駐車場で寝てた人に気づかず
バックして轢いちゃうくらいだからあまり意味はないのかも。



そんなわけで2t車運転。

超楽しい。

意外と普通。



で、慣れてきた油断と疲れと内輪差で
ガリっと
いきますよね。


あーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあーあー






左折でコンクリの壁にガリっと。




ガリっとした先は無傷でしたが、車の方がガリっと。




「あー、これ横のドア開かなくなってますね。
どこでやりました?」





・・・本当にすみません。



でも最初に説明された通り、保険で2万円で大丈夫でした。
そう考えると安いなレンタカー。
自分の車だったら・・・あれは無理。
車離れとかじゃなくて、車ますます必要ないな・・・。


ただ、担当者変わるまであのレンタカー屋にはいけない
という意味では不便だな。


そんなわけで想定より高くついた引っ越しでしたが、
まぁ、祭りだから別にいいでしょ。


2t車は意外と運転できるけど、くれぐれも安全運転で引っ越しましょう。

本当にすみませんでした。


 


では、今日はこのへんで。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。