アマゾンの検索対象外に気をつけろ


私は確定申告してきました



カードに返金の余談ですが、返金があった場合、
JCBだとその金額が次の支払いと相殺されます。

マスターカードだと相殺されずに
引き落とし銀行口座に即振り込まれます。

カードによってこういった違いもあるんですね。
カードブランドではなくて契約している
会社による違いなのかもしれません。

いったんでも手元にお金が戻ってきてくれたほうが
ギリギリ生活の私にはありがたいです。
ま、すぐに出て行きますが。

あとマスターだと為替レート関係なく、
支払った時の日本円がそのまま戻ってきます。

JCBはその都度レートが反映されるので、
得したり損したり・・・。

クレジットカードも極めれば奥が深いですね。

カードを使いこなせていないどころか、
信用がなくて新たに作れなかった
タトゥーレ鈴木です。

そろそろ大丈夫だと思うので、
新たに作ろうかな。

今気になるのはこれ⇒マネパカード


信用とか必要なくて誰でも作れるんだけどね。
アリエクスプレス的なニーズに、
お答えできるんじゃないかと思ってます。
とりあえず作ってみるか。

ただ海外旅行用らしいのでどうしたものか・・・
とりあえず一回海外行ってきますかね。



さて、今日はタイトルそのままです。

セラーセントラルの「検索対象外」チェックしてますか?


  taisyougai001


在庫⇒在庫管理の画面の左に
「検索対象外の商品情報を修正」
という項目がありますね。

なぜかうっすら書いてあるので、
見てない方もいらっしゃるかもしれません。

アマゾンのヘルプページはこちら。

http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201235450


読んでいない人は一度読んでおきましょう。

特に


 商品説明と、商品の仕様が双方ともない商品は、
 検索・ブラウンジング結果の表示から除外されます。



というところが大事です。

検索しても出てこないんだったら、
売れる可能性はほぼないと言っていいでしょう。

というかどうやったら見つかるのか。
逆に知りたい。

ASINとかURLを送って見てもらう以外に
方法はないかもしれません。


私は長期在庫切れ商品を探してきて出品することが
よくあるので、そういった商品は対象外になって
いることが多いです。

商品説明と商品の仕様が必要になったのは
去年の7月からなので、それ以前に作られた
商品ページには書かれてないことが多いんです。

それをそのまま利用して出品すると
検索から外れたままになってしまいます。

なのでチェックしては自分で商品説明を
書き足しております。


チェックするだけならたいした手間も時間も
かからないので、これを機会に念のため
一度みておくことをオススメします。

売れない理由は間違いなくソレですから。(笑)


実際、私が売り終わった商品や、
チェックしている商品の中にも
出品者がまだいるにもかかわらず
「対象外」になったままのものがあります。

誰か気づいて直さんのかね。

それずーっと売れないよ?



というわけで、出品してから1週間ほど
なぜ売れないのか考えていたら、実は
検索対象外だったという事実がさきほど
判明した現場から速報でした。


検索でみつからないからブックマークして
読もう「あまゆにもんこま」⇒人気ブログランキングへ

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。