リターンした直送商品についてモールテールに聞いてみた


4月からじゃ遅い。会計ソフトなら



あきらめてリセットした昨日の件ですが、
いちおうさらに調べてみました。

意外とあきらめの悪い
タトゥーレ鈴木です。


あきらめが悪いというか、
やっぱり気になるんですよね。

今後のためにも、一体何が原因なのか
探っておいて損はないと思いました。

同梱した商品を調べていくと、商品説明欄に
以下のメッセージがありました。


 Shipping: This item is also available for shipping
       to select countries outside the U.S.


 「出荷は、米国以外の国を選択するために、
  この項目も用意されて」


下のGoogle先生の翻訳がちょっと怪しいですけど、
米国以外の国にも出荷できるということでしょう。

ってことはこれらは問題なしってことか。

でも、中に1点だけ、そういったShippingに
関する表記がない商品がありました。

ははーん。これかな。


ちなみに他の商品で、米国以外に出荷できない
商品には、


 Currently, item can be shipped only within the U.S.
 and to APO/FPO addresses. For APO/FPO shipments,
 please check with the manufacturer regarding warranty
 and support issues.


という表記がありました。

試しにカートに入れてみましたが、
やっぱり「Sorry」でした。


それらの表記がいずれもない商品。

どうやらこれが今回ひっかかった模様。

でも、別に危険な商品じゃないと思うんです。
私だって数々の失敗の中から、
いちおうそのあたりは気をつけて
いるつもりです。

日本の税関やらなんやら調べても
特にそういった情報はでてこない。

個人的にちょっとダメそうな雰囲気で
似たような商品のことを書いてる人はいました。

あと、シンガポールでは輸入禁止でした。



う~む。なんか微妙だな。

でも、直送ができないなら転送会社で
転送してもらうしかない。

そこでモールテールの人に聞いてみることにしました。




商品買ってから転送会社でNGだされても、
対応はしてもらえますが、めんどうなことには
違いないので、先に聞いておいたほうがよいです。

商品のURLと共に「これって転送できるっすか?」
と久しぶりに問い合わせてみました。

すると即座に返答がございました。







「これはミリタリー関連と考えてよろしいですか?」



あー、そういうことね。

なるほどね。

把握した。


ミリタリーじゃないんだけど、
知らない人は、そう見るんですね。

私は商品について調べていてある程度、
どんなものか知っていたのでミリタリーとは
全然思っていなかったのですが、
何も知らないで画像だけ見ると、
そう見る人もいるかもしれない。

びみょーっちゃ微妙です。


モールテールの方に軽く商品について説明すると、

「ミリタリーとはいえないと思いますが、
 税関から指摘を受ける可能性があります。
 ヤマト運輸としては、まったく問題ないことが
 事前に確認できないものは極力取り扱わない
 というスタンスです」

という回答をいただきました。

判断する人は別に商品知識があるわけじゃないし、
まずは見た目で判断するわけですからね。

米国側が輸出できないって言うのなら、
日本も輸入できないという可能性は高いです。

でもこういった商品がオイシイのも事実。


とりあえず税関に聞いてみるかぁ。

あれ?
輸出できないならアメリカの税関
聞かないとダメってこと?

ちょっとよくわからん・・・。



というわけで、深入りしていくと
思い込みで判断してしまうこともあるので、
一般的な目線も持つよう気をつけましょう。

それにしてもこの商品、どうするべきか・・・。





知識がなくても読めます。見た目で判断しないで読もう
「あまゆにもんこま」⇒人気ブログランキングへ


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。