「あまゆ」に「もんこま」


「弁慶読み」って知ってます?



「弁慶はなぎなたを持って」

という文を読むときに

「弁慶は、なぎなたを持って」


と読むところを

「弁慶はな、ぎなたを持って」


と文節の区切りを間違えて
読んでしまうことです。


まぁ「ぎなた」ってなんだよ
という話なんですけどね。

別名「ぎなた読み」とも言われます。


「ここではきものをぬいでください」

なんてのは有名ですね。

銭湯の入り口にそう書いてあって、
え?ここで?と思いながらも、
お金を払う前にいきなり全裸に
なっちゃった。

「バカだねぇ。そんなわけないだろうが」

「だって着物を脱ぐのかと思って」

「そんなのちょっと考えれば分かるだろうが。」

「いや、でも・・・」

「お前なぁ。そんなとこで服を脱ぐんだったら、
男湯と女湯の区別がいらねーじゃねーか」



あ?
おもしろくない??
どうも三遊亭太塔礼です。

別に落語ってのはおもしろさを
求めてるだけじゃなくてですね・・・
まぁいいや。


他にはちょっと古いかもしれませんが
「金太の大冒険」なんてものこの
「弁慶読み」をおもしろおかしく
したものですね。

「金太、マカオに着く」って・・・ヒドイ。



そんなわけでこちら。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000010-it_nlab-sci












NHK「あさイチ」で通訳さんまで大号泣「マッサン」に
感動し出演者にハンカチ配布の記録達成(ねとらぼ調べ)












なぜNHKの番組で通訳が「さんま」で
大号泣なのかと思ったわwwwwwwwww


















え~、今日は以上で~す。







さんまを焼いた時の煙か?この時期に??
アホすぎて大号泣できるかも「あまゆにもんこま」
人気ブログランキングへ



関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。