理解していても実行できないこと


頭では理解して分かっていても、
行動がともなわないことってありますよね。

理解することと実行すること
ってのは別だと思いました。
タトゥーレ鈴木です。


例えば、自動車教習所での縦列駐車。

頭ではイメージできているのに、
車は全然入ってくれない。

何度も切り返すわけです。
前に出たり、後に下がったり。

一旦停止してギアをバックに入れるまでは
1発で入るイメージが頭にあるのに、
いざバックし始めると全然入らない。
最初は頭と体が一致しないものです。


まぁ、私は教官に「3番目の縁石が
前輪にきたらハンドルを切る
」という
裏技を教えてもらってましたので、
教習中は全て1発でしたけどね。

その代わり、実際に道路に出てから困りました。

道に3番目の縁石とかないし。(笑)



で、本題ですけれども、私、最近になって
やっと気づいたことがあるんです。

いや、気づいていたというか理解していたのに
全然違う行動をしておりました。

第三者というかこれを読む方々からしてみたら、
たぶん「なにやってんの?」レベルです。

「当たり前じゃん」と言われるでしょう。


いや、ホント先入観て恐ろしいね。


一体、何に対してそうなっていたかというと
「中国輸入」に対してでございます。

アリエクスプレスとか見ながら、
「商品にできそうなものが何も見つからない」
とよく言っておりました。
このブログでもたびたび書いておりました。

それは私の考え方というかやり方が
間違っていただけだということに
最近やっと気づいたんです。

私は欧米輸入が中心ですので、
それと同じやり方をしていました。

でも、そうではなかったんです。

そうじゃないと頭では分かっていたのに、
同じことをやっていました。

そりゃ見つからないよね・・・。


ということで、今日から数回に渡って、
どのあたりを勘違いしていたのか
書いていきたいと思います。

そんなの共有されても笑っちゃうだけだね
って人もたくさんいらっしゃるかと
思いますが、まぁ笑いながら読んで
いただければよいかと思います。


それではまず、ジャンルについてです。


私はいま扱っているジャンルの延長で
リサーチをしていました。

私の場合、これはよくなかったです。

欧米の正規品で日本で未発売とか
そういう感じのもの。

ちょっと失礼な言い方になりますが、
そんなの中国にあるわけないんです。


例えばあのネズミのぬいぐるみとか。

まぁ、間違いなく輸入できないやつです。
輸入できても売るのは危険。
品質的にも著作権的にも。

そういうジャンルで攻めていたのですが、
そりゃいくら探しても見つからないわけです。

だってないんだもん。
あってもNGなやつなんだもん。

それは十分理解していたのにも関わらず、
欧米と同じジャンルでリサーチ。

中国がオリジナルで、日本で未発売の商品で
なおかつクオリティが高く売れそうなもの
なんてそりゃなかなか見つからないっす。
(あるとは思うけどね)



欧米輸入の場合、日本でも認知されていて、
商品も出回っているけど、オリジナルは欧米。

だから欧米の方が安かったり、
日本にはないモデルがあったりする。

そういった商品を輸入するのがおいしいのです。

というか、そういう商品じゃないと利益がでない。


輸入コストを考えると個人規模での輸入は
割高になるので、もしどこかの商社とかが
輸入して日本で販売しているなら、
消費者はそれを買ったほうが安くて安全、安心。

なので、そういう商品に我々の出番はあまりありません。


また、いい商品だけど日本では全然認知されていない。

そういった商品は売るまでに時間がかかるし、
認知度を上げるための広告費も
投入しなければならない。
したところで、全然売れないリスクがある。

そんな商品にも我々は出番がないのです。


だから上に書いたような、隙間を狙っていくんですね。

日本でも認知度が高く、日本で買うより安いか
日本では売っていない商品。

欧米輸入でリサーチする場合はそれが中心でした。
プレミアものを狙ったりしてました。

でも、中国輸入の場合、それって当てはまらないんですよね。
そんな商品ほとんどなかった。
ましてやプレミアものなんて・・・全然。


わかってました。
頭では理解していたものの、
欧米輸入と同じ感じで
リサーチしてました。

そりゃ、みつからんわけです。



明日へ続く




ブログを毎日書く必要があるのか?
理解してないけど実行してます「あまゆにもんこま」
人気ブログランキングへ

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。