中国輸入で目指すところ


いくつか書いてきましたが、
それでもまだ中国輸入というものに
完全に乗り気ではありませんでした。
タトゥーレ鈴木です。

なんというか目指すところというか、
目標というか、最終形というか、
「先」の部分が見えてこなかったんです。


人によって様々だとは思いますが、
私の場合、例えば欧米輸入なら
「正規代理店になる」とか、
「日本での独占販売権を獲得」とか、
「名もない海外メーカーのよい商品を
みつけてきて日本で爆発的に売る」とか
そういう目指すところがあるわけです。

リスクもリターンも大きくなるでしょうが、
いずれは取引を大きくしていきたい。

いい響きじゃないですか、「独占」。


ところが中国輸入の場合、そういった
「到達点」のようなものが私には
全然見えてこなかったんですね。

ひたすら安く買って高く売るのを
繰り返していくのかぁ、なんかそれも
つまらんなぁと思っていました。

中国輸入でも独占販売だったり、よい商品を
発掘して日本で爆発的に売るということは、
可能でしょう。

でも、これまで書いたように
「中国発」のブランドって
やはりまだまだ少ないと思うんです。

ブランドになりそうな商品も少ない。

今後、どんどんそういった状況は
変わってくるとは思いますが、
まだまだ欧米輸入とは違い、
「ブランド名で売る」みたいなことは
やりにくい状況だと思います。

そうなるとやはり、比較的品質のブレが
気にならない商品で、世界的にみても
驚きの安さで売っているものを輸入して、
それをどんどん売っていくのが、
中国輸入なんじゃないかと考えていました。

でもそれって、いまから思えば大変失礼な
考え方をしてましたが、結局は「安値競争」
みたいになってイマイチ私にはおもしろく
感じられなかったのです。

誰がどこまで売値を下げられるか。

結局それだけになってしまう。

つまり「代理店」になったり、
「独占販売権」をもらったりという
ところまでいかない商品が
ほとんどなんじゃないでしょうか。



あと、欧米輸入のような「プレミア」が、
出てくるような気配が感じられないのです。

これは私の好みの問題でもあるでしょうが、
私は「プレミア」とか好きなんですよ。

8ドルの商品が25000円に
なっちゃうとか面白くありません?

以前、こんな記事も書きました。


 眠ったお宝探し隊 アメリカン・ピッカーズ
 

こういうの憧れるんです。

誰かが集めているガラクタから
お宝を探し出すみたいなやつ。

眠っている商品を買い取って、
それが倍の値段で売れちゃうみたいな。

eBayなんか見ていると、
ただ日米のASIN比べて
価格差だけみているのとは
違った楽しみがあるんです。


でも、そういう気配も中国輸入にはない。

そりゃ「なんとか王朝時代の壷」とか
そういうのもあるとは思いますよ。

でも基本的に焚書・坑儒の国ですからね。

国を取ったら前の国のものは全部無くす
ってのが中国の歴史でしょ?

中国4000年の歴史とか言うけど、
王が変わるたびに毎回上書きされるから
実は全然積み重なってないという・・・

ムズカシイ話はやめましょう。


っていうか、そういう眠ったお宝商品の
オークションみたいなサイト中国にないし。
じゃ、ダメじゃん。


そんなわけで、イマイチ気分が乗らない
感じのままリサーチをしていましたが、
ある商品を見て考えが一転しました。

これ、おもしれぇな。
これかなり儲かりそうじゃん。。。

そうか!
中国輸入はここを目指せばいいのか。


一気にひとつのゴールが見えた気がしました。

飛空挺を手に入れてあちこち飛び回ったあとに
新たな町をみつけた感じ。



そのゴールの詳細は、また明日。




ネットサーフィンしていたらデスゲイズに
出会っちゃった感じ?「あまゆにもんこま」
人気ブログランキングへ


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。