安すぎることで悪い評価を誘発?


昨日触れなかった商品の評価について
今日は少し書いてみようと思います。
タトゥーレ鈴木です。


例の2つの商品。

カスタマーレビューの数が全然違いますが、
割合はだいたい同じようなものというのが
おもしろいところです。

私が原価がほぼ同じぐらいであろうと
判断したのはこのカスタマーレビューに
よるところが大きいです。

悪いレビューが入っていて、
安いほうと同じようなコメントが
書かれているからです。

もしこれが高いほうが☆5の
評価ばかりだったとしたら、
安いほうは高いほうの「劣化コピー」
だと考えたと思います。

高いやつがオリジナルでそれを
真似してつくったのが安いほうなのではないか
と勘違いしたかもしれません。


安いほうには「安かろう悪かろう」みたいな
レビューが目立っていますが、それだけではなく、
最新のレビューからみるとそうでもない
コメントも多く入っています。

「この値段にしては・・・」という
コメントが多いですけどね。

ある方のコメントには「普通に
全部そろえたら5万ぐらいする」と
書いてありまして、本当かどうかは私には
わかりませんが、「まぁ、普通の値段と
比べたらとんでもなく安いんだから、
別にいいんじゃない?」というレビューが
多い印象でした。

☆1については「使えない」などが多く、
価格を考えずにレビューした場合、
☆1になっちゃうという印象でした。


では、高いほうはどうなのかというと、
こちらにも「値段相応」というレビューが
あるのがおもしろいですね。

2500円ぐらい差があるのですが、
価格に対する感覚なんてのは人それぞれ
違うということでしょう。

ただ、こちらにひどいレビューが
増えていかない理由として、
粗製乱造ではなく、ある程度の
品質管理が行なわれている
ということだと思います。

そういった点はセラーの評価をみると、
だいたい分かりますね。


で、2つのレビューを見ていて私が思ったのは、
「そこそこの値段のほうがいいんじゃない?」
ということ。

なんというか、安すぎてるから逆に、
悪い評価が増えてるような気がするんです。


もちろん、高いほうは品質管理も
商品ページ作りもしっかりしてるだろうし、
カスタマーサービスもよいのでしょう。

私は購入してませんし使ってないので、
あくまでレビューからの推測でしかありません。

そんな状況でとやかく言える立場じゃないのは
分かってますし、この売っている方を批判したり、
貶めようとしたりする意図は全然ありません。

これまでを読んでいただければ分かると思いますが、
目標だと思うくらい、むしろ尊敬してるレベルです。

それを踏まえた上で、あえて言いますが、
高いほうって、なんでその値段で売れるの?

そっちのほうが品質と釣り合ってないんじゃない?


と、どうしても思ってしまうわけです。
セラーの方、大変申し訳ない。

そして、そう考えると、逆に、安いほうが
安すぎるから評価がイマイチなんじゃないかと
いうように考えてしまうのです。

なんていうか、実際に手にした商品と
買う前の期待感にズレがあった時って、
誰かに伝えたくなってレビューとか
書いちゃうと思うんです。

がっかりだった時はそのがっかりっぷりを、
想像以上だった時はその素晴らしさを
伝えたくなるのではないでしょうか。

でも、それだけじゃなくて、
「期待感とぴったり一緒だった時」
ってのも誰かに伝えたくなるんじゃないかと。


安かろう悪かろうとか書いてあるけど、
安いからとりあえず買ってみるか。
 
→うわ、やっぱりダメだったよ~ 


みたいなとき。

クソゲーやったらホントにクソゲーだった
とかいう話、誰かに話さないと損というか、
自分ひとりで納得するだけってのが、
なんか悲しい気がしてきちゃうんですよね。


そんなことを考えると、いい具合に
期待感と価格と品質がズレていると
「ま、こんなもんか」で終わって
悪い評価にはつながらないんじゃないかと思いました。

まぁ、良い評価にもつながらないかもしれませんが。



すみません。ここまで書いてアレですけど、
今日の話、全然間違ってるかもしれません。

とりあえず、ただ安くするだけってのは、
あまりいいことないんじゃないの?
ってことで、今日は勘弁してください。



ほかの話もほとんど間違ってるかもしれません。
自信がないよ「あまゆにもんこま」⇒人気ブログランキングへ

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。