アマゾンのブランドと相乗りについて


昨日、明るめに書きましたが、
そういう時はたいがい凹んでます。
明るさは苦しさの裏返し
タトゥーレ鈴木です。


中国輸入をするにあたって、
改めて気になったのが、
アマゾンのブランド。

ノーブランドだとしても、
普通にセラーの出品者名みたいなのが
ついてる場合があります。

どこまで相乗りしていいのか。

私はこれまでそんなことを、
さほど気にしていませんでした。

「同じものなんだからいいだろ」的な
考えで、じゃんじゃん出品。

商品タイトルに会社名が書いてあろうが、
商品説明にJANコードが書いてあろうが、
関係なくじゃんじゃん出品。(これは想定外のだじゃれ)


アカウントが消えてないのは、
ある意味、幸運だったかもしれません。

例えばちょっと違うけどこんな商品。


【正規代理店・さくらドーム】【マルチケーブル付属】【iPhone5/5S/5C対応】 KLOGI正規品 手帳タイプ ケース カード入れレザー レザーケース iphone 5 iPhone5S カバー アイフォン カバー ケース 【皮 革 手帳 カード iphone5/5s 横開き スマホケース スマホカバー スマホ】 (パープル)


ゴリゴリっすね。

この商品はたぶん、ちゃんとした海外の
メーカーの商品で、正規に契約して、
この会社が仕入れているのでしょう。

JAN検索するとなぜか青山の
バーチャル事務所で登録されてるけど。

タイトルに社名を入れたりするのは、
確か規約違反だった気がするけど。



かつてはそれが参入障壁だったのかも
しれませんが、JANはただの流通コード。

出品者が一人しかいなかろうが、
お構いなしに参入してました。

ページを乗っ取ってしまったこともあります。

(ただし、上記の例に挙げた商品の場合。もし仮に私が
参入するとしたら「並行輸入品」になるので、
新たに商品ページを作成してそちらに出品します。
そうしないとたぶんアウトです。)


ところが、中国輸入は修羅の国らしい。

このあたりの規約をしっかり把握して
おかないと潰される。

いや、しっかりしてても潰される。


というわけでちょっと調べなおしたんです。


中国輸入系はいまだに同じ商品でも
独自商品っぽくいくつも商品ページが
作成されてますからね。

そんなに相乗り嫌かい?

アマゾンの原則は1商品1カタログですぜ。

少しは買う人の身にもなってみません?


私が出品している商品でも、
同じ商品なのにやたら商品ページを
作成しまくってる人が1名おります。

私が見たところ、今、4ページほど
同じ商品が出品されています。

その人しか出品してないページがあり、
その人は全てのページに出品しております。

いちおう競合として動向はチェックしてるので、
作成してるのは間違いなくその人でしょう。

評価も低くやたら安売りしまくります。

先ほど評価をみたら80%にまで下がっていました。
(前はいちおう88%ぐらいあった)

なんすかね?必死??

必死の方向がちょっと間違ってないっすかね?
お客のほう全然向いてなくね??



話を戻しまして、どこまでが相乗りOKなのか。

気になったのは「ブランド名」。

同じ商品でもブランド名が違う。

「ノーブランド」とかにしといてくれれば、
分かりやすくていいんですが、上記のような、
「○○ショップ」みたいな自分の店名を
ブランド名に書かれている場合。

参入していいのか、ダメなのか。


欧米輸入だと「ネズミー」とか、
「ソニー」とか分かりやすい商品が
ほとんどなんですけどね。

中国輸入は元々ノーブランド商品ばかりなので、
みんな適当にブランド名を書いちゃってるんでしょうか。

それってどこまで有効なの??


で、見つけたのがこのセラーフォーラムのページ。


 スレッド: オリジナルブランドの認定について
 https://sellercentral.amazon.co.jp/forums/thread.jspa?messageID=6476



次回、いちおう詳しくみていきますが、
答えがほぼ書かれているので、
しっかり読んで参考にしてね。



1位になったらブランド名に「あまゆにもんこま」って入れて、
商品ページ作ってみようかな。どう?⇒人気ブログランキングへ


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。