アマゾンでトリチウムが放射性物質なロレックス


2か月くらい寝かせたので、もう書いてもいいですかね?

まさかアマゾンの商品関連で、放射性物質と
出くわすとは思っていませんでした。

放射性物質といえばルパン三世
『ヘミングウェイペーパーの謎』

タトゥーレ鈴木です。


 


2017.9.20 14:39

アマゾンで放射性物質商品 キーホルダーとコンパス、基準超を無届け販売

通販サイト「アマゾン」で、基準を超える放射性物質トリチウムを含む商品を無届けで販売したとして、
原子力規制委員会は20日、放射線障害防止法違反で、インターネット大手通販のアマゾンジャパン(東京)と、
岐阜県養老町とさいたま市浦和区の2業者に、商品の販売停止と回収を指示したと発表した。
健康被害は現時点で確認されていないという。

規制委によると、販売は今年3月ごろ発覚。商品はキーホルダーとコンパスで、
トリチウムが出す放射線が蛍光物質に当たることで文字盤などが光る仕組み。
基準(10億ベクレル)の4~11倍のトリチウムが含まれていた。
2業者はそれぞれ、キーホルダー15個とコンパス1個を販売。回収作業を進めているという。

製造会社はキーホルダーが中国、コンパスが米国に所在している。
< 産経ニュース >



トリチウムというのは三重水素のことだそうで、
水素の放射性同位体です。

 普通の水素(原子核が陽子1つのもの)は軽水素(1)
 質量数が2(原子核が陽子1つと中性子1つ)の水素は重水素(2H)
 質量数が3(原子核が陽子1つと中性子2つ)の水素が三重水素(3H)である。


とウィキペディアには書いてあります。
専門的な話は他の人に任せるとして、このトリチウムは暗闇でも発光する物質。
かつてはあのロレックスにも使われていたとか。
文字盤が暗闇でも光るっていうやつ。

ただ、その前に使用されていたラジウム(これも放射性物質)の半減期が
約1600年、このトリチウムは約12年ってことで、そんなに長くは光らないみたい。

1600年も光るほうがすごいけど。
聖徳太子よりももっと昔、古墳時代のラジウムが、
今頃やっと半分になるっていう時の流れ。


それは置いといて。

うっかり中国輸入とかでこういうの入っちゃったら危ないよね。
軽くて小さいキーホルダーで、よさげだから、
私だって気づかず仕入れちゃう可能性はある。

というか、これをどうやって発見したのか。
やはり通報ですかね。
税関とかでも分からないのではなかろうかと。

いずれにせよ、仕入れる商品については
まだまだ気を付けなければいけないことがありますな。
特に中国系は、使用されている原料などにも
気を配らなければなりませんね。


今回、上記の記事で出ていた両方のショップと
ブランドを特定してますが、現在、片方のショップは
ショップ名を変えたものの、休業状態ですからね・・・。
明日は我が身。

みんなも、気をつけよう!



おまけ

かつて販売されていた奇妙な8つの放射線物質入り商品

ラジウムチョコレートとか、今からしたら信じられないけど、
当時は最先端の物質を使った何か素敵な効果がでそうな
響きだったのでしょうな。
多くの先人に学び、人類は進歩していくのです。


おまけ その2

トリチウムと発光で調べていたら、でてきちゃうロレックス


 

    ROLEX ミルガウス


素敵だわぁ。
これでレビューが5件も入ってるとか、すごいわぁ。
調べたらちゃんとAmazonでも売れてるし。

というか4年前に比べて、価格が30万円近く上がってるなんて・・・。
円高の影響もあったでしょうが、4年間使ってから売っても、
買った時の値段よりも高く売れちゃったりする、まさに資産。
そりゃ、お金持ちは持つよね。


関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)